運用するフェーズと採用するフェーズは異なる。

この内容は言われると当たり前ことが含まれています。


バランスは大切だということが述べられていながらも
実際は、そのバランスの概念は非常に難しいものでしょう。

徳川家康も、古典の言葉でさえ、述べられています。

www.zkai.co.jp「過ぎたるはなお及ばざるがごとし」

 

https://www.toshogu.or.jp/about/goikun.php

「及ばざる は過たるよりまされり 」

どちらも逆のことを言っていますが、バランスによって目的を得ることへの解釈ができます。

 

言葉の意味も個人によって意味が異なることはわかっていますが、分かりきったことを再度理解することは、難しいものです。

では「失われた20年」は、本当に失われた20年だったのか考えてみましょう。
「失われた20年」といいますが、実際には、バブル経済まで隠れていた問題が余裕がなくなり、意識することになったようにしか見えないのは、ポエムと言っていいほどの感想です。

経済的には苦しくなっている部分があるという事実に対して、あまりに悲観的な運用が進んでしまっています。

失われた20年という言葉ではありますが、実際に20年の間で失ったものは何があるのでしょうか。
実際にはイメージがひも付いているだけで、化学やテクノロジーの発展でよくなっているのではないでしょうか。

言葉が利用されているだけで、過去における「挑戦」概念を利用していないように見えます。
言葉の運用フェーズしていくことからネガティブなイメージと行動を形成されている可能性があります。

 

 

では運用するフェーズに対して、複数から確認してみましょう。

1、スポーツのプレイヤーとして1つのフォームを利用すること
3、算数の答えの回答
4、スマートフォンへの移行

スポーツでフォームを採用することで得たい目的が存在します。
運用するとはフォームが固定されることですが、この内容については採用時から筋力や運動に対して、なれるという感覚が発生しています。

なれることはフォームが固定されて安定するイメージですが、自分で気がつない筋力の低下、疲れなどが一定期間継続した場合のずれ、けがによって崩れたバランスを考慮した内容なども含まれます。


ゴルフなどのフォームなどから考えて見てください。
例えば、クラブのバックの動作を深くし、肘を曲げる動作をわざと加えるフォームを採用したとします。
肘を曲げないように力んでしまうことでボールが安定しないので、力を抜くことで飛距離と安定性の確保が目的です。

採用時は、以前のフォームの影響で考慮しなくても、力が加わる癖が存在しており、行って時期は安定はしますが、長く利用していると今度は、力が抜けすぎることからミートする時点でボールがずれて、ボールがフェードしてしまうなどの懸念点もあります。


今度は算数の答えの求め方からです。
小学生が算数などを回答があっていても、計算式が
間違っていることから点数にならないことで話題になっています。

 

lineblog.me

例えば計算式だけではなく、これを思考フローとして目的に利用するのであればどうでしょうか。
例えば業務に対して、処理と実行を規則正しく行うことが求められる場合では、計算式が違うことでそれがヒューマンエラーの確率が広がる処理を行う習慣になるかもしれません。

しかし、知りたい結果に対して、最短のアプローチではなく、
違うフローを検証して、通常利用しているフローが利用できない場合へのデータ収集をしたいのであれば、計算式が異なったとしても目的が同じであることを理解して、複数の目的を求めるパタンが必要でしょう。

経済成長時は、計算式を違うものや余分なことをするケースが邪魔に見えるなどあるかもしれませんが、現状の文化モデルなどを考慮するケースでは、再度採用フェーズとして検討する余地がありそうです。

 

実際にこの内容は20年前後前から検討されているので、問題は、採用するための人の行動原理などについて考慮することまで含めそうなので、人の「惰性でこうなった」という見方は同じミスに繋がりそうです。

ローカルの閉鎖性などで運用フェーズに固執することが記事になることがありますが、東芝の衰退や一度JALが組織体制で問題になっている比較からすると地域ではなく脅威という認識がどこにあるか、かもしれません。
組織の運用フェーズを変化させることが脅威となっていれば変化しないことを選択しますが、これは人の「惰性」というよりも怒りの矛先が向かないようにするための「普通」のように見えます。

 

ガラケースマートフォンへ変更した点に関しては、利便性が学習コストを上回ったことがあげられます。
学習コストと音楽プレーヤーやネットやチャットアプリなどを利用することが学習コストへの心理的な負荷を減らしたことあげらます。
高齢の方は、情報源がスマートフォンに依存していないため、ガラケーの少ない電話機能などで利用に対する問題ないことが予測されます。
この点は理解しやすいでしょう。


運用フェーズと採用フェーズが異なるという内容は言われてみる内容は当たり前です。
言われたらわかるという言葉と私たち自身が注意するべき内容としては、
人の認識ベースだけでは、確実に注意では補えなず、コミュニケーションを前提としたフローが存在していることです。

 

これがわかるから何かという意見をいただきそうですが、実際は同じ内容が含まれているだけです。

では、この内容を少し抽象化して見ましょう。

 

新しい行動を採用する。
採用して目的の結果を得る。
得た内容で継続した目的をえるため、行動を習慣化する。
習慣化した行動が自身の認識、環境、基準値、時間の内容によって目的の結果を得れないため、他の行動を獲得する。 

 

この当たり前の中に潜む運用フェーズは、私たちに死角をもたらすことや過去と結果と目的と未来に対してのアプローチへ内容は、

どうすれば防げたのかという問題のに対して考慮した方が良い詳細の問題です。

だれかが犠牲にならなければならなかった問題は、問題という言葉の意味にあって肩を犠牲にして投げ抜く甲子園の投手も、医大の入試で性別における優位が確認されたことも、ある一定の思考フローからすれば運用フェーズにすぎず、それは設定された基準へのアプローチが定期的に行われていないことが問題として確認できないことを考えた方が良さそうです。

 

お昼のワイドショーで報じられる問題も解決策があってもなかなか改善しないのは、実際の結果は対策と内容によって満たされる感情が実は目的であることかもしれません。

桃太郎も鬼からして見ると運用フェーズを壊す悪人に見えますし、
いくら街を破壊しているからと言っても、5人で攻撃をするスーパー戦隊は、ロボットの登場やヒーローの変身を待つ優しい怪獣は全てが悪いのでしょうか。

いえ、実際は怪獣が悪いのですが、どんな当たり前という前提の常識という言葉にでさえ運用フェーズがあることを知り行動が必要なのかもしれません。

 

 

結局は、失われた20年も言葉であって部分的には進展はしています。
メディアや経済であまりにも輝かしかった過去が取り上げられますが、問題は過去の数値と自分が得た結果とを基準や指標にすることで比較していくことであって、この文章そのものが指標ではないということです。

 

重要なのは、スポーツにしても、社会に出てからの学習にしても、自分が体験した内容と把握したリスクによって得た結果を明確にし次へつなげることで、モデルとなるメディアに一致させることではないのです。
それが運よくどこかで誰かの役立ち結果として、受け継がれ自分や他者の経験として利用するかは別ですし、鬼と仲良くする桃太郎のメディアのモデルが悪だという話ではありません。

時代は変化しても、人の感情の発生は幸か不幸か変化していません。
脳の進化が止まったといえば残念ですが、過去の人と体験を一部であっても共有できる部分が残っているのであればどうでしょうか。

「進化が止まった」も見方と言葉次第です。

 

自分の言葉で説明し、それが足りたないのであれば詳細の内容を探して改善し、それを相手や自分が理解しやすいように変更していくことは理解していても、その基準については考える機会がなければ考えません。
失われた20年も、ヒーローの変身を待つ怪獣も、高校生活でしか利用されない数学も、スポーツの根性も、運用フェーズと改善点への基準へのアプローチは、個人の経験とある種の未来へのイメージの中にしかないのです。

 

外国の教育や、文化、経済モデルを利用して失敗したように見えることがありますが、「個性の尊重」でさえ言葉の意味を輸入しているだけであれば、「意識高過ぎ」と言われながらも現状教育システムと可能な労働時間や社会人の学習から小学校以下の教育へ、配慮することも必要でしょう。

 

私たちが選んだ社会は改善を前提にし、それを運用し続けており、それが「伝統」にも関連するケースのような解釈もできます。

 

CMから放たれる「意識高い」もいわば、

徳川家康の言葉の「過ぎたるはなお及ばざるがごとし」で運用のフェーズと言葉への認識と採用フェーズを考える必要がありそうです。

ただ、それは現実的には理想的すぎる部分があり、チューハイを飲みながら偶然につけたTVでやっていたスーパー戦隊特集番組の途中に流れるCMで「意識高過ぎ」と流れて考えるくらいがちょうどいいのかもしれません。