フライボール革命とスウィング軌道

フライボール革命という内容ですが、以下の記事を参考にしてみてください。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

フライボール革命の記事とフェイクを入れてしまい失礼しました。

今回考慮していただきたい点は、方法論をどのように把握するのかという点です。

フライボール革命となった理由には何があるでしょうか。
革命というほどののインパクトがあることには、フライを打たないように教えているという前提があります。
アッパースウィングにならないようにと教えられている選手もいるからかもしれません。
ライナーを狙って打てという指導をする方には会ったことがあります。

私自身もダウンスウィングで教わっていましたが、何がレベルスウィングなのかどうかを考えたことがあるでしょうか。

効果的にボールを線で捉えることで、ヒット確率を上げるという話があります。
以下の画像を確認してください。

 

バッティング

上の図が線でとらえることで下の図が点でとらえるということになります。
ダウンスウィングであり、下の画像のほうが良いインパクトを与えるということになりそうですが、そうではありません。


ボールがフライになる理由は、ボールをとらえる場所とボールを振り抜く角度でフライが上がりやすいかどうかが決まります。

 

 

[フライが上がる]→[ダウンスウィング]

という処理をしてしまうケースがありますが、タイミングによってはどれほどダウンスウィングをしていてもポップフライは上がってしまいます。

ダウンスウィングが何かという話になりますが、どうでしょうか。
日本人はダウンで綺麗にスウィングしているというイメージです。
そこでメジャーの本塁打記録者のバリーボンズ選手のスウィングを確認してみましょう。

www.youtube.com

メジャーの選手であればフライを打つイメージが強いかもしれません。
確認していただくとわかりますが、正面だとアッパースウィングのように見えても横から確認するとダウンスイングのようにさえ見えます。

日本人選手であれば福留選手がダウンスウィングのように見えるので参考にしてみましょう。

www.youtube.com

安定のダウンスウィングに見えるのではないでしょうか。
ですが、バリーボンズ選手とどれほど違うでしょうか。
次は、フライボール革命で記事になっている柳田選手で比較してみてください。

www.youtube.com

※記事

www.sponichi.co.jp

少しだけ疑問になったかもしれませんが、スウィングの軌道そのものは体の軸を倒しているだけでほとんど変わりがないように見えます。

 

では、フライボール革命のスウィングとはアッパースウィングなのでしょうか。
内容としては、スウィング時のインパクトにおけるボールの角度、フォロースルーがポイントかもしれません。

アッパースウィングなどというよりもスウィングについての解釈を再構築して、どのように自身の打法に取り入れるかを考慮した方が良いとも考えられます。
体格やスウィングのクセなど考慮してみましょう。

ホームランを打つために必要なバットスウィング速度と球速は物理的に把握されているので、今回のものに関しては、意識するバッティングのパーケージ化とも言えるかもしれません。

理解していただけたかもしれませんが、スウィングの名称の意味合いは人と自分自身の持っているもので異なります。
わかっていることでも、実際に計測して結果にならない場合において周知している知識が、間違っている可能性があります。
それをどのように把握するのかを自分自身で、確立していることが望ましいのだと考えます。

iphoneは発売される前から開発される技術はありましたが、発売時における影響は大きなものでした。
それと同じように所持している知識が古いか最新かはあまり関係がなく、組み合わせて利用しやすいようにパッケージ化することが時に効果的になるケースもあります。

機能が多いから使いやすいかどうか、という点から考えるとそうでないケースがあります。

 

情報が多くなるについて言葉の意味も変えていくことが時に必要なのかもしれません。