ジャイロボールを投げれるようになるまで

結論は回転だけであれば、多くの人が投げれると考えています。
「投げれる」を高校野球の試合で使えるようになるまでと考えると練習が必要です。

ジャイロボールは、空気抵抗が他のストレートと比べて少なくそれにより打者のタイミングを狂わすという認識です。

空気の抵抗などについては以下を参考にしてみるといいと考えています。

 

www.athome-academy.jp

 

私が投げれるようになったのは、サイドスローアンダースローオーバースローに関しては、回転をかけれるようになった程度になります。

人の構造上、最初からジャイロボールを投げることができるようなフォームをしているという見解がされています。
コントロールやとりやすさなどの点からバックスピンの投げ方へ変更するということもあり、ジャイロボールを投げることが難しいということになるようです。

野手への可能性や投球の安定などを考慮した場合、バックスピンの方がいいかもしれません。
そのため、一度獲得した投球フォームを崩して挑戦する場合など、注意が必要です。

さて、私がした練習はサイドスローの投球練習時に小指からリリースしてボールの回転軸を自分から見て中心が確認できるようにイメージしたことです。
厳密なイメージは、先ほど紹介したURL先のページのようなボールにおける気流のイメージでボールの回転軸が自分で中心を確認できることを意識して投げています。

大まかに試した内容は以下です。

 

キャッチボールでボールの回転を確認

バッティング練習で利用できるか確認と検証

(握りやリリースの変化と下半身の動かし方などを部分的に変更して試す)

実戦形式で無意識の状態で利用できるか確認

試合で使用

 

投げ方の説明などは、以下を参考にしていますが、様々な練習方法などは調査と確認をしてください。

https://www.amazon.co.jp/魔球の正体-手塚-一志/

 

言葉にすると簡単ですが、実際に安定したボールになるには習慣が必要です。
回転軸だけを意識して投げることは簡単ですが、体重移動を利用してボールにキレをもたらすことやフォーシームやツーシームなどへ利用するには、腕の振りが同じであることが撃ちとる確率が高くなる条件です。

サイドスロー自体の練習でも、カテゴリーが多いので自分でどのような軌道で練習すると安定するか試してみるといいかもしれません。

例えば、小指からボールをリリースすることとサイドスローのイメージが加わって練習しているときに利用するイメージになります。

これは当たり前ですが、実際に自分のリリースしているポイントがどこかでも大きく異なります。
練習している際に意識できるポイントは多くても3箇所程度だと考えます。

そして、実際にリリースする小指のイメージについてボールを腕と体の中心からの距離で考えたとき、腕がどのような軌道であるかでボールへのキレと打者が見やすいボールになる場合で違いがあります。

例えば以下の異なる条件で投球フォームを獲得した2選手がいるとします。

  • 身体に近い腕の場所をイメージして獲得している投球フォーム
  • 遠心力を考慮しないで、プロの選手の動画イメージをそのまま再現しようして獲得した投球フォーム

 

実際の運動時には運動と遠心力に近い力学が加わるため、どのイメージで投げている時にボールに対して威力とスピードがあるか計測してみるといいかもしれません。

実際にサイドスローでバックスピン形式の投げ方をしている状態とジャイロボールの腕の振りをして投げる場合でも、
少しのイメージで運動の結果は大きく異なります。
普段バッティングで顎を肩の上に載せてない選手がのせた場合とても違和感がありますが、他者から見た場合においてもわかりにくい差です。


ジャイロボールを回転軸と気流の変化という条件のみで考慮した場合投げれます。
本など、違うコンテンツで紹介されているボールは落ちるものだと表現されいるものもあります。
回転軸と気流の変化という条件で考慮した場合、浮いているように感じるボールも沈むように見えるのもジャイロボールです。

ただし、スライダーと定義が似ているため存在しないボールで、「スライダー」が抜けたボールという人もいます。

ameblo.jp

matome.naver.jp


それは、個人がどのように捉えるか、もしくは言葉の定義がどこで決定すべきかという問題のなので、ここでは言及しません。


サイドスローから投げやすいということから、回転軸とリリースへの注意をもとジャイロボールを投げたい場合にフォームを練習してみるといいかもしれません。

 


以上、ジャイロボールを投げれるようになるまでの意識した内容でした。

 

「この内容は確実にジャイロボールが投げれるものではありません。試す際には自己責任となるのでご注意ください。」