記憶の接続のしやすさからの学習の考察

人には得意不得意があるということは誰もが理解しています。
しかしイメージの接続についてまで意識しているという話はあまり聞きません。

すごくあたり前のことですが、抽象的な話の例え話よりも対象となる人が体験したことの具体例を含めて話をする方が記憶に残りやすくなります。
これは既にある記憶と結びつきやすいために起きるものですが、人の連想記憶の構造を理解するとよりわかりやすくなります。

何か相手に説明するときに具体的で単純明快、7前後の項目にしてエピソードに残るようにする。
プレゼンテーションや部下への説明、先輩への報告などいろいろな場面で、記憶の接続について考える機会はあるでしょう。

自分が持っている接続しやすい記憶にどのように結びつけるかについては受験生がより考えているので私よりも詳しいかもしれません。

記憶のしやすさから考えた時、私たち自身は問題解決について意識することが2つあります。
それは以下2点です。
・いつ自分の問題解決プロセスをどのように理論だてるか
・自分の接続しやすいイメージが何かを意識して理解する

この2点ですが、バラバラで知る機会は日本の社会で生きていればたくさんあります。
まず、テストで良い成績をとろうと考える時、記憶することについて考えます。
そして、どうすれば効率よく記憶できるかを考える機会になります。
また、問題解決のプロセスについても学校で学ぶ機会はたくさんあります。
部活はもちろんですが、クラスのイベントなどでもいろいろなものがあるでしょう。

ここまでの文章からするとあまり問題ではないのでは?と考えるかもしれません。
ですが、「いつ」この2つについて理解するのかという点はあまり話題になりません。
小さい時期から問題解決のプロセスについて知ることは難しくて価値がないと考えるかもしれません。

では、記憶のことを思い出してください。
自分の接続しやすいものを連想するということでした。

簡単に説明すると、自分の問題解決におけるプロセスを自分で理論化することはパーツ化して、違う体験でも利用できるようにすることにつながります。

私たち自身が得意なものがスポーツなのか、勉強なのか、プログミングなのか、デザインなのか、お金を稼ぐことなのかはわかりませんが、問題解決のプロセスを接続しやすい記憶から理論化することがポイントです。
行動のパターン化を疑似体験のイメージとして利用しやすくなると行動に変化があるかもしれません。

もちろん明確にすることがベストだとも考えているわけではありません。
問題解決のアプローチや学習については重要だとは述べられていても、それが自分でどうやって確立されて利用されるのかについては述べている人が少なく、議論された方が良いのではと考えて少し文章にしてみました。

記憶の方法や問題解決については体験を通してでしか学べませんし、役立ちません。
自分で使えるようになって価値が増すものだと考えています。
ここではスポーツについて述べていますが、スポーツを得意な人がスポーツを利用して他の問題解決に役立てることができればいいと考えています。

「いつプロセス化するか」の「いつ」に今回こだわってみました。
時期が早いからそれは教えなくてもいいのではなく、使えるタイミングになるために知識を保有しておくということが必要なのだと考えています。

以上、記憶の接続のしやすさからの学習の考察について考えたことでした。