人の認知動作が完璧でないことを知る価値

これまでどのようにフィードバックされることが望ましいかについて述べてきた。
ただ、1つの方法論については限界が存在する。

何が言いたいのかというと、認識動作そのものが完璧でないことを知ることでフィードバックの方法について考えることになる。
自己のメタ認知そのものについて考え、対応することへつながる。

これまで考えてきたことはある一種の対応方法だった。
ケースによって対応方法を考えていくことが必要だ。
人の体の構造を理解した上で改善していくメリットは確認カテゴリーの形成が容易になることにある。
そして使用する改善方法の本質を理解しやすい。

多くの人にとって事象を把握して改善することは毎日のように行われている。
人の認知システムそのものについて言えば問題のないように考えられるが、認知システムが完璧ではない点というのはどのような部分だろうか。

それは、人の認識によって形成されるイメージは補われるというところにある。
外界の情報を受け取る感覚器官については義務教育で学習したことだろう。

視覚からの情報は8割を利用している。
角膜やガラス体を通り網膜に光が届く。
その光を錐体細胞と桿体細胞という2種類の光受容体細胞が受けることになる。
そのあとは視神経などを経由して視覚皮質へと情報が送られる。

これらの複雑な過程によって外界から受けとった光の情報を私たちは処理しているが、外界の情報を完璧に処理できているわけではない。
例えば、以下の図のように完全な文字の画像でなくても、何が書いてあるのかを把握することができる。

f:id:sports_doit:20170717210547p:plain



「アルファベットのA」テキストがあるとさらに認知しやすくなる。
私たち自身の視覚の情報は補われて処理されているということだ。

このことからスポーツのパフォーマンスを視覚で確認するとした時に完全に自分の運動を把握しているとは考え難い。
自ら運動している途中で、自分の動きを認知している時も視覚や所持しているスキーマで脳内に送られた情報は補われている可能性が高いからだ。
もちろん注意できる容量を限定して動作の認識をすれば部分的にある程度まで把握することは可能だろう。
それでも人の視覚処理機能の観点から考えた場合、自分の動作を完全に把握しているとは言い難い。

また、以前にも述べた視覚における事象の把握には注意の動作として限界があるということも理解しておきたい。
注意の機能は、「集中的注意」「選択的注意」「分割的注意」「予期・期待」の4つに分類できる。
スポーツなどの動作確認などについては選択的注意を利用しているが、確認した内容における運動動作の確認については他の注意の機能も利用している。

自己認知が完璧であることを前提の場合、悪い要因として考える対象となるのは方法のみになる。

しかし、認知が完璧でない場合においては改善カテゴリーへ以下3点が含まれるようになる。
・運動動作をできる限り正確に認知をできているか。
・把握した動作を自分で実行する場合について実行した内容のズレは極力少なくできているか。
・これまでの経験のデータと比較した時、認知の限界によってのエラーかどうか。

この2つの確認は自分が変化することによって問題を解決するということにつながりやすい。
方法論のみに依存したフィードバックは、外部要因のみを改善の対象としやすくなるからだ。
自身の把握機能の改善を目的とするのは、内部要因に問題解決のポイントがあると考えることになる。
人の認知動作が完璧でないことを知ることは謙虚さと呼んでもいいのかもしれない。

ただ、問題解決の要因としてはバランスを考えた方がいい。
「客観的に考えること」における因子は内部要因と外部要因を含めるもので、どちらか一方であるケースは少ない。

ここまでのことをかなり簡単にまとめると自分の認知していることは事象の全てではなく、問題解決の視点には外部要因と内部要因から考えた方が良いということだった。

人の認知動作が完璧ではないことを知っていても、働いている限り常に改善することを求められ、
結果的には必要性を感じないかもしれない。
また、認知システムは個人個人によって処理機能も異なる。

アドバンテージとして考えられることは問題解決カテゴリーの抽出に情報を利用できることにある。
このことは私たちが問題解決における思考を飛躍して利用できるようになったことも関連してくる。

以下の記事を確認してほしい。
http://blog.tinect.jp/?p=41430
「分類や、推論といった、抽象的な思考を使うことに慣れた」とある。
このことは学習における発展と習慣によってもたらされた事象という見方ができる。
それであれば、認知動作が完璧ではないと知ることで改善策の思考における変化が生じることになる。

これもある意味では完璧なものはないという抽象的な思考を人の認知能力のケースで考えれるようになった結果なのかもしれない。


以上、人の認知動作が完璧でないことを知る価値について考えたことでした。