パターン認識と人の行動変化のトレードオフ

私たちは行動の認識に慣れが発生する。
これは順応の類であり、必要な問題に処理能力を使用するために必要な能力だろう。

一度覚えた行動はパターン化し、動作認識を簡略化することで行動の効率化を促進したとも言える。
ある動作を速くしようとすればするほど、行動の確認点を少なくして無意識にアクション出来るようにする。
パターン認識する過程は、脳内に構成されたパターンの内部表現と入力情報とのマッチングとしてみることができる。

行動を自分にとって都合の良い方向に変化させたい場合私たちの認識から変化させることが必要になる。
自分が所持しているイメージもしくはスキーマを変化させ、内部表現を変化させていく。
私たちが一度学習し認識スピードを上げて、無意識化において処理される過程を見直すということになる。

この無意識化した行動フローを変化するには認知的な負荷が発生する。
煩わしい再認識のフローによって確認する必要がある。
振り込めサギ対策などに例がある。
(銀行の振り込みの画面などに1つの確認フローが設けられている。)

私たちは一度覚えた行動を変化させたい場合、行動を変更させる働きかけの努力よりもフローを追加することの方が有効なケースがある。
問題は、努力で変化させようとするには膨大な時間が必要になることにある。
一度学習した動作を変化させるには多くの時間と不快な感情が発生することになりやすい。
なぜ、不快な感情が発生するのだろうか。
自分を改善し、成長していくことは好ましい変化と認知されやすく、望ましいと考えらる。
とするとだ。
では、改善において、私たち自身が好ましく考えていない場合があるということになる。
ここで重要なのが、学習して無意識化した行動を再認識するというフローの発生だ。
そもそも、人は認知的負荷を嫌う傾向にある。
"cognitive mizer"(認知的ケチ)という言葉があるほど、脳は処理機能を簡略化するようにしている。

このことから考えるとイノベーションが望まれる社会構造は幻想とも考えられる。
一度学習した行動の変化には、自分の行動を見直すという作業が発生している。
イノベーションを受け入れるための学習行動そのものが負荷になっているという見方ができる。

個人における行動変化が望まれているという解釈自体が最近のメディアにおけるイメージの形成なのかもしれない。
変化に対応こそすれ自ら好んで変化していくのはオピニオンリーダーなどの少数だったという見解だ。

しかし、これは極端な見方であって他の考えた方もある。
変化は必要だと理解している状態と、変化する行動をすることには大きな溝があるということだ。
理解しているから行動しないということは、多くの健康に関する問題が証明している。
アルコールや大量の脂肪の摂取は健康をに悪いと知りながらもやめれない人が大勢いる。

「変化する」ということについて述べたが、人の行動におけるパターンの認識を変化させることは望みにくい。
それは認知的な負荷がかかるためということだった。
変化して得られる期待値は願望として所持しつつも、変化する動作そのものには負荷が発生している。

パターン認識は情報処理の軽減に役立ちはするものの、行動への変化に負荷を生じるものとなりトレードオフの関係にある。
パターン認識よる動作効率の向上はメリットもあるが、行動の変化へのリスクも発生している。
これもまた、自分の選択における習慣よって形成されるものなのかもしれない。

以上、パターン認識と人の行動変化のトレードオフについて考えたことでした。