目的が変化する瞬間

スポーツで練習の目的は試合のためだ。

練習が試合のためでない場合を除き、試合のためにすることが重要だ。
だが、練習の内容を考えずにプレーしてしまうケースがある。

野球で例えるならば、守備で腰を低くして待てという内容だ。
監督やコーチで「腰を低くして待て」
と聞いた場面に出会った人がいるのではないだろうか。

腰を低くする目的は打球を取るために低くするのであって、
動きにくくなるレベルまで腰を低く保つ必要はない。
しかし、実際のプレーする場面でかなり、腰を低くしているプレーヤーもいる。

これは指導者に徹底することを言われているからかもしれない。
だが、ちょうど良い打球を捕球する腰の位置がある。
打球を捕球をするために動く場合、捕球する動きやすい腰の位置があるのだ。

ここまでは述べたことがある。
今回はここからなぜ上記のようなことが起きるのか考えてみた。

仮説としては、以下が考えられる。
・捕球できているので問題ないと指導者が判断した。
・指導者も腰がなるべく低い方が捕球できると信じている。
・指導することが面倒だった。

などが考えらる。
プロの選手を見ても腰を自分が直立した膝の位置まで腰を下げている人はめったに見ない。
守備の名手は、動きやすい腰の高さを把握して構えている。

腰を低くしすぎて待つ選手に関して考えると、打球への反応が遅い場合は改善する必要がある。
そして、腰の位置が低い守備の構えになったのは指導者の説明が足りない場合によるものになる。
守備について動作定義すると以下になる。

=========
打球への反応準備
打球への反応
捕球体勢への移動
捕球
送球への体勢への移動
送球
=========

腰の位置の問題は、最初の打球への反応準備の部分になる。
今回は、打球への反応準備だったにもかかわらず、逆に邪魔になる動きしてしまうケースだった。
これは、練習がどのように試合へ活かされるのかという視点が欠如していることから起きているものだ。

さて、ここまでをまとめてみると要因は指導者と選手の2つに大きく分けることができた。
指導者が練習の意図を説明しきれていない場合、
選手が目的意識の欠如によって腰を低くしすぎていた場合の2つだ。
この2つにより試合のために練習する目的が、いつの間にか練習のための練習になっていた。

また、恐怖を指導に使った場合にも練習で叱られないことを目的にしてしまうことがあるので注意が必要になるだろう。
だが、組織をまとめるにはしかることも必要になる。
指導に恐怖を使用せず、うまく叱るバランスが今後の鍵になるだろう。
それが現場で調整する能力が必要となり、指導者の永久の課題とも呼べる。

目的が変化してしまうことも同様に、何かを定義することで完全に解消できるものではなく、
自己で調整するか、他者からコーチされることで見直すことのできる課題なのだろう。

 

以上、目的が変化する瞬間について考えたことでした。