動画だけではスポーツの指導が難しい理由。

スポーツの戦略もあり、指導者は指導内容を明かしたくない場合がある。
スポーツにおける指導方法の動画を流して、指導方法を共有することが情報流出になる可能性がある。

しかし、本当にそうだろうか。
そうであれば、動画を使用している塾などは指導方法が流出して経営危機になっているのではないだろうか。
ただ、実際はそうではない。
個人個人で理解できる場所や考える内容が異なるために、動画を見るだけでは完全に理解できない場合もある。
だから、動画を公開しているだけでは価値があるということになりにくいのだ。

動画を教材にしているものは塾だけではない。
プログラミングやデザインの学習サイトでは動画を一部だけ公開して続きが気になるようにマネタイズしているものもある。

さて、本題のスポーツで考えてみよう。
スポーツでは、動画で理解したことを再現性のあるものにしようとするとズレが生じ完全に動作をコピーすることは難しい側面がある。
動画だけを見て、動作を理解することは難しいのだ。
そのため、動画学習によって動作を再現することには何度も実験と検証を繰り返す必要がある。
指導する側が動画をもとに教えていかなければ、かなり時間のかかる作業になってしまう。

これらのことから考えると、動画を公開するだけでは、他の強豪チームに不利になるとは言い難いだろう。
仮に不利になったとしてもそれは動画を見た人全てのレベルを上げているということになることになる。
そうなることでスポーツの競技レベルが上昇し、結果として自分が所属しているチームのレベルも上がる可能性が高くなる。

これはあくまで理想の循環になる。
スポーツのコンテンツは、youtubeだけでもかなりの数が存在している。
参考にする動画だけで考えると十分すぎるほどだ。
しかし、動画が無造作にあるだけでは、スポーツのスキルを上達させたいユーザーにとって効果があるものではない。
というのも編集能力があるユーザーばかりとは限らないからだ。

水泳で考えてみる。

ストロークやターンの技術を向上させた選手がいるとする。

この選手が今以上の技術を獲得するには、新しい方法を自分で開発するか他の人に今以上の方法を教えてもらうことになる。

動画を見て新しい技術を獲得する場合には、すべてを真似るか部分的に真似て新しい泳ぎ方を獲得するかのどちらかだ。

だが、選手の多くはストロークやターンの脳内に記憶しているデータベースが少ない。

そのため動画だけをみても参考になりにくのだ。

ストロークやターンの微妙な違いなどを適確にアドバイスできる指導者が編集することで価値になる。
対象となる選手へのアドバイスをプラスしてこそ本当の意味で付加価値となるのだ。

まとめると以下のようになる。
・動画のコンテンツをアップするだけでは価値とは言い難い。
(動画のみで理解できる完璧な動画であれば価値となる可能性がある。)
・もし、価値となるコンテンツ配信となったとしても競技全体のレベルがあり、
結果として自分のチームのレベルも上がっていく。
・すでにあるコンテンツも上達したいプレーヤーのレベルに編集されてこそ価値がある。

現状を考えるとまだ様々な指導方法があることが予想される。
全体の競技人口が減っていくと、指導者も減っていくため練習の方法論などネットに残して欲しい。
それをヒントに指導する監督や先生もいるはずだからだ。
指導者の質向上には失敗した方法も成功した方法も必要だ。
今後、人口がさらに減少していく中で少しでもプレー技術の低下を食い止める方法を私たちは模索していくことになる。

そのためにITをどのように使うかという部分で考える必要がある。
逆にネットを禁止するという意見があるものの、問題解決に時間を使わずサービスを利用することは社会で必要になる。
その習慣を子供の頃からつけているケースとそうでないケースでは相当な差になるが、それでもネットは使うべきではないのだろうか。

もちろんネットを使えない場合もあり、その訓練という意味でも使い分けが必要だろう。
リスクとメリットの把握の上で、個人による決断が鍵を握りそうだ。