読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肉体改造の限度

フォームの比較は、よく以前の良かった時期のフォームと比較される。
もちろん運動を獲得してから感覚的にも安定していることもあり、参考にできる部分はある。

重要なのはどこの部分を参考にするのかという点になる。
野球のピッチャーで考えてみよう。
ピッチャーの場合フォームを良いものだとして変化させた場合に、
運動獲得時とはバランスが悪いものになってしまうケースがある。

そこで多くの選手は過去のフォームに戻そうとする。
しかし、時間をかけて変化したフォームの癖はなかなか取り除くことが難しい。
過去のフォームを再採用した場合に自分がこれまでの挑戦したフォームによってついた癖を含めた運動になることがある。
そのため、過去のフォームを真似しても戻らないのだ。
過去のフォームに戻すには、どのようにして癖をなおすかという問題を解決した後で過去のフォームに戻すという作業が発生する。

スポーツおけるフィードバックで気をつける点は、目的までの自分との距離と現状の自分をどのように把握するかということにある。

ここで例とするのが肉体改造になる。
プロスポーツ選手における肉体改造は良い結果になっているケースが少ない。
今回このことを題材に考えてみる。
肉体改造によって筋力が強化された場合、変化することのないフォームを使用することが可能だろうか。
もし使用することが可能であれば、一度覚えた運動のフォームに筋力強化の限度が存在すると考える。
肉体改造などで強化する筋力の多くは、限度を超えたものであり、その場合運動を変更することになる。

結果を出せるフォームに関しては個人差がある。
筋力の柔らかさから肩関節や股関節の可動域、骨格などの体型など様々なものが要因となる。

一度獲得したフォームに限度が存在する場合、肉体改造において考えられる問題点は以下になる。
覚えた運動を消すことが可能か?
消してからの運動獲得はどのようになるのかという点だ。

もし獲得して運動を消す(忘れる)ことができないのならば、
大幅な肉体改造ができる限度は運動を獲得した時におおよそ決まってしまうことになる。
ここで言えばピッチングフォームを一度覚えてしまった場合、それを変化させることができない(部分的な場合も含める)として、
固定されたフォームには変化できる限度が発生している。
肉体改造における筋力強化はリスクがあるようだ。

もちろん、ボールのキレの安定性を保持することや体の柔軟性を上げることなどやることは他にもたくさんある。
日本人特有のフォームか骨格には筋力を増強するなどの肉体改造には限度があるのかもしれない。
ただし考えるべきは、「過剰な肉体改造」が日本人の体に合っているかどうかという点は考える必要があるのかもしれない。

以上、肉体改造の限度について考えたことでした。