既にあるスポーツコンテンツ。

スポーツで上達するための参考になる画像や動画は色々と存在している。
検索をしてみるとペタンクなど日本でマイナーなスポーツでも世界大会の動画は存在している。

それであれば、選手は無理にコンテンツを探す必要はないのではないか?という疑問を持つことになる。
日本でトップレベルのスポーツ動画さえあればある程度上達している選手からすると十分なのではないかという意見もあるだろう。

ところがそれだけでは不十分な点がある。
以下の判断が必要になるからだ。
・対象の動画が参考になるかどうか。
・プレーヤーのレベルで対象となる動画を参考にすることが可能か。
・参考にしたプレーの再現性はどのくらいか客観的な判断できるか。

上記の内容を補うには、指導してくれるパートナーが必要になる。
もちろん、個人練習などで動画を使用することは可能だ。
ただし、参考時には動画が参考にする基準点が必要で、例としては次の点だ。

大会の動画であれば、どのレベルのものか?(世界大会、日本大会、地方の大会)
動画内で指導内容を述べているのだとしたら、どのような内容か?
ー指導内容を述べている人の実績はどの程度か。(プレイヤーとしてか監督としてか。)
動画の内容の結果はどのようなものか?
ー結果から述べている内容が理論的に理解が可能か?
数値化された明確な基準が存在しているか。
(数値に等しい理解しやすい基準が存在しているか)

ITの技術や有効な動画情報が存在していることを考えると、あとはどのように仕組化し情報を編集して届けるのかという問題になってくる。
提供することのシステムがどのように構築されるかという問題もあり、指導におけるコンテンツ化は思った以上に課題が多そうだ。

現状でも、指導者によって動画の提供するための編集をすることでコンテンツの提供をしていくことは可能だ。
だが、ボランティアで編集作業をするには時間が足りないという部分がある。
さらに指導者個人個人で作業をするには参考になる動画を探すために認知的な負荷がかかり、情報を提供しないということもある。
もし、この場合に信頼できる組織から情報(動画などのコンテンツ)が提供されていればどうだろうか。


コンテンツの提供は公的な組織の課題でもあるように感じられる。
というのもインターネットの情報提供における検索の上位には、アフィリエイト目的とされるサイトが多い。
もちろん、コンテンツがユーザーの目的を達成していれば問題ないが、中身のない情報であることもある。
努力しても報われない選手が検索した時に役に立たない情報が提供されるということは避けたい。
ITにおけるスポーツ動画のコンテンツ化によって、少しでも救われる選手がいることを願いたい。
それは指導者やスポーツ関連における組織に委ねられていると言っても過言ではないだろう。