読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

靴のすり減り方と運動の獲得

sports

靴のすり減り方でわかるものとはなんだろうか。
わかることの1つに「普段どのような歩き方をしているか」というものがある。

靴の外側がすり減っているいる場合は、普段から体重が外側にかかっていることが多い。
このことが運動獲得にどのような影響があるのかというと、獲得する運動にスピンがふくまれている場合に回転軸が大きくなる。

回転する運動をする場合力が分散している場合が考えられるのである。
普段から足の裏の内側に体重がかかっている選手と足の裏の外側に体重がかかっている選手(靴の外側が削れやすい人)ではスピンする運動に若干の差が生じる。

まず、スケート選手のことをイメージしてほしい。
スケートのスピンをしている場合に手を広げている場合とたたんでいる場合では、手をたたんでスピンしている時の方が鋭く早くスピンする。
この現象は体重が足の裏の外側と内側にある場合でも、発生している。
規模は小さくなるものの、足裏の体重のかけ方で回転の鋭さが異なる。
スポーツのアドバイスで「内股にしろ」ということを聞いたことがある選手もいるかもしれないが、実際には足裏にかかる体重比率を変化させるということも重要になる。

気をつけてほしいのは、足裏の体重比率が体幹の動きにも連動しているかという点だ。
回転する本体にあたる体も、回転する軸が広がってしまっていては効果がない。
とくに股関節を重視して、回転することが望ましいだろう。

では、このスピンがどのように変化をさせるかという点について野球で考えてみよう。

バッティングについて述べていくと、体重が外側にかかっている場合ドアスウィングという現象になりやすくなる。
ボールの軌道において線でとらえるスウィングをしていない状態だ。
足の裏の体重が外側にかかっている場合、必要以上の遠心力が回転時にかかってしまい、スウィングが良くない状態になる。
ドアスウィングという現象にしないためにも、足の裏の体重は内側にあることが望ましい。

この改善策として、回転ではなく股関節の右側を股関節の左側に擦り合せるようにするという表現で解消させる指導者もいる。
意識のポイントを股関節にすることで鋭くスピンさせる方法だ。
いろいろやり方があるので自分オリジナルの方法で強烈なスピンのバッテッングにしてほしいと考えている。

もちろん他のスポーツにも応用でき、テニスやバドミントン、卓球などでも運動動作のポイントにもなる。
道具を使用しないものには、役にたたないのでは?と考える人もいるかもしれない。

足裏の体重が外側にかかっている場合に不利となる部分がある。
初期動作が大きくなり、運動における動作にわずかだが時間が必要になってしまう。
人が運動を判断する場合、初期動作が大きいと判断しやすくなる。
つまり、サッカーやバスケット、ハンドボールなどのスポーツ競技からするとディフェンスがしやすくなるのだ。

無駄な動きを減らすという意味ではナンバ走りを連想するがこれは別のものだ。

歩き方や普段とっている姿勢でも、運動の獲得は変化する。
自分の行動特性を把握して、運動獲得に役立てていただければ幸いだ。
以上、靴のすり減り方と運動の獲得について考えたことでした。