意識してこそ役立つもの。

以前、スポーツ選手がPDCAサイクルにより技術を向上させているということを述べた。

それを無意識にすることと意識的にすることでは、効果が異なる。

トレーニング中に目的が意識されていない場合はトレーニングを行うだけになってしまう。
これと同じでPDCAサイクルを認知している場合としていない場合の改善のアクションは差が生じてくる。

この前提にあるのは、スポーツ技術の向上は意識しなくてもおおよその感覚で改善していくことが可能ということにある。
明確に言葉にしなくとも、改善行動ができてしまうということはどのようなことだろうか。

バッティングで考えてみよう。
バットが下から出ているということで今度は、バットをあげて振ってみるということでバットをレベルスウィングできる選手がいる。
しかし、バットあげるだけではボールを点でとらえるダウンスウィングになる選手もいる。
その場合言葉にすると以下になる。
バットの位置をあげてスウィング中はバットのヘッドが体の回転軸から90度よりも下がらないようにする。
(この時レベルスウィングについて確認しておけば、レベルスウィングをイメージさせるだけで余分な説明は不要になる。)

明確に言葉にしなくても改善できる選手は、PDCAサイクルなど知らなくても効率的に改善していくことができる。
これはスポーツで培ったものを仕事などで応用しようとした時に作業効率化において時間がかかるものになる。
さらに言えば、自分を分析して改善する習慣がある人と感覚でやっている人では大きな差になってしまうということもある。

スポーツをするにあたって意識できるものは限られているのでPDCAサイクルを意識するかどうかは選択する必要もあるだろう。
スポーツ選手が就職で有利になるということで利用したいのであれば、PDCAサイクルを意識する必要がどこかであるということだ。
これは PDCAサイクルでなくてもSWOT分析などをスポーツに利用している場合でも同じだ。

選手たちがビジネスで応用できるものを利用しているという知覚行為がどこかで発生する必要がある。

なぜPDCAサイクルを利用したのかというと、ビジネスで使っていることから、親近感がわきやすくなり、採用側へ共感されるものになりやすくなる。
スポーツが健康に役立つだけでなく、自分の立てた目標に全力を注ぐことによって、遺伝子による優劣だけで努力が無駄になることを防ぐという側面を持たすことができる。

これは、PDCAサイクルである必要はない。
SWOT分析でもよければ、KPI分析をスポーツに利用したということでもいいだろう。
ビジネスで利用されているものをスポーツで利用するストラテジーマネジメントに使用することが重要になる。

 

数字を含めた明確な効果についてはビジネスだけでなくスポーツの世界でも求められつつあるのだろう。

 

以上、意識してこそ役立つものについて考えたことでした。