読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

動画と検証方法

スポーツプレイヤーにとって憧れのスター選手の真似をしたことがあるのではないだろうか。

間合いや仕草なども重要だが、もっと重要なのは細部のチェックカテゴリーをどのように形成していくかになる。

例えば、野球の守備の時に打球のタイミングを合わせる動作がある。
スウィングしたバットがボールに当たる瞬間に少しジャンプしていることに気がつくだろうか。
このタイミングを合わせる動作には他のスポーツ競技でも共通している内容がある。

私が確認したトップ選手では、バドミントン、テニスなどもしていた。
つまり、何かに反応する時に人は共通した動作をすることが確認できた。

この一般化することが運動動作のコツになる。
テニスでは、サーブをする時にタイミングの合わせ方には個人差があるもののラケットとボールの当たる瞬間に軽くジャンプしている。

フェデラー選手がサーブする瞬間の錦織選手は軽くジャンプしていることを確認してほしい。

www.youtube.com



人が反応することには共通の動作があった。
野球に関して言えば真似をすることは、守備の一部だけを真似るということでは足りない。
真似るのであればモーションで真似る必要がある。

真似る要素の1つが腰の低さであったり、先ほど述べたタイミングを取る時に軽くジャンプをすることになる。

真似る努力をしている人は大勢いるかもしれない。
プロの選手の捕球体勢を一部分真似ることも確かに重要なことだ。
とくに高校野球などの練習などでは捕球体勢を維持する練習が多く見られる。


ここまでで理解できたかもしれないが、腰が低いということは打球を取るための条件の1つであって、努力して真似る部分は他にもたくさんある。

打球を捕球するため真似る目的の方向性に着目した時、打球をとるために真似ることは捕球体勢を維持することだけではないということだ。

 

「真似る」という言葉の意味は、個人によって異なる。
大切なのは、自分の目的が真似ることで達成されたのかという検証が必要になるということだ。

捕球体勢において真似て似ていても打球が捕れなければ、芸以外に使いものにならない。
もちろん芸にすることが目的ならばそれでいいのかもしれない。

プロの動画を見るときに考える1つは、検証プロセスをどのようにするのかということだ。
チェックするカテゴリーを自分ができていれば除くことが必要になる。

当たり前のことを言ってはいるが、捕球体勢ができている選手は多くても捕球体勢維持の練習が除かれないことがある。

練習らしい練習をすることが好ましいのかもしれないが、一度捕球体勢ができればあとはタイミングの問題になるため捕球体勢維持の練習はあまり好ましくないだろう。

捕球体制維持の練習はきつく罰ゲームに使用して、緊張感を発生させることが目的になっていることもある。
目的が達成されれば良いが、捕球することだけの目的ならばすべき練習は他に発生しているように感じる。

これを読んでいる方はプロの動画を見るときにどこに注目しているだろうか。
真似る時に検証チェックをするカテゴリーについて考える時間はあるだろうか。

私たちは一度つくりあげた自動認識システムによって、これらのチェックをおざなりにしやすい。
このことを前提にして真似るという練習行動を今一度確認してみてほしい。

 

以上、動画と検証方法について考えたことでした。