読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポーツの指導とリソース

sports

私たちは、すべてを把握し物事の良し悪しから決断して選択をしているように思える。
しかし、その内容はごく限られたものだ。

多くの判断は、一度考えたときに自動化されてしまいあまり考えることがなくなってしまうものだ。
一部を考えないことによって他の問題を考えることができるという利点がある。
自動化された部分はヒューリスティックを利用して判断していることが多いと考えられている。

この自動化する脳内のシステムは失敗する要因となることもあり、悪者になりやすい。
しかし、有効な部分もあり簡単に排除すべきかどうかは選択が必要になるだろう。
ヒューリスティックを利用して失敗したくないのであれば、時間をかけて定期的にチェックすることになるが、努力で改善できるかどうかという点から考える必要があるだろう。

そして前回述べたように恐怖における人の特性を利用した方が指導に有効という認識を持ちやすく、それがヒューリスティックのように自動化されてしまったと可能性がある。    

スポーツの指導で、注意レベルの恐怖認識システムを利用することは場合によっては必要なのだろう。
そこから目的や目標に応じてマネジメントし、事前に使用する厳しさから指導に必要な考え方、科学的な方法論などを知らせておくことが重要になる。

今後のスポーツの指導については、それぞれがゴール地点を持つことが必要になるだろう。
現状は、できる限りのことを精一杯行うことで良いとなっているがこの目標設定は、上限がないものだ。
現実的で実行可能な目標設定を空気などに任せることなく、監督やコーチが行うことになっていく。

やりたいことや実現させたいことは何か?ということを選手自身で明確にすることも必要だ。
定めるのは顧問の先生ではなく、チームの監督やコーチだ。

もし、適任の人が出来なければ(外部コーチなどを含む)先生が所持する権限を緩める必要がある。
業務の軽減化ということだ。
スポーツの強さの維持を指導する視点から考えた時、今以上に知識が備わり、情報の提供における質の向上が望まれる。
だが今後、スポーツの指導に時間を使用するのであればどこかのリソースを少なくすることが必要になる。

過去、学校の教員の業務が多くなかったことから出来た部活の顧問という業務は、科学的な指導方法の発展と社会の厳しさによって限界になりつつある。(保護者への対応などが増えていることからなどだ。)
1人の人間ができる作業リソースは限られているため、どこかの負荷を減らすことが今後発生するだろう。

このことから考えると私たちは「もっと良い指導」をやめる必要があり、目的に沿ってマネジメントする指導に転換する必要があるのかもしれない。