答えと問い。

以前にも述べたように人は、ヒューリスティックを使用して情報処理することが多い。    

ヒューリスティックと選択 - sports_doit’s diary



人は認知的負荷を避けるという前提があり、言葉の概念の相互理解はかなりの負荷になると考えられる。
というのも会話で1単語ずつ確認するというのは、家族間、友人間や夫婦間どころか恋人間でも面倒な作業とも言えるのではないだろうか。


人はそれぞれ自分が所持している知識やイメージで相手の言っていることを把握することになる。
故に言葉の概念に違いが生じて、教える側と教えられる側に差が生じてしまうのだ。


言葉の理解の差ができたからと言っても、運動における個人能力が埋まるということは少ないだろう。
私自身もこの文章を読むことによって、遺伝子レベルの差を埋めることができるとは考えていない。

では、何の役に立つのだろうか。

それは、理解する時間を短縮することや、教えられる場でイメージの差が生じやすい場面でもスムーズに理解できるようにすることに価値が生じると考えている。

つまり、プレーヤーは教わるときに予習をしておくことが必要だという話になる。
重要なのは、予習で何を意識するのかという点だ。

多くのスポーツプレーヤーは自分の専門種目について予習も復習もしているという情熱的な選手が多いことだろう。
(将来有望プレイヤーになるというイセンティブが発生しているプレイヤーが多いと考えているからだ。)
意識性の法則が重要で試合のためにどんな予習が重要なのか知る必要がある。

言葉の細かい概念までを予習するプレイヤーは、少ないのではないだろうか。
というのも当たり前すぎる普通のプレーについて確認することは、ヒューリスティックの処理からすると邪魔にしかならないからだ。    

当たり前の言葉の確認をすることは自らの問題点発見につながる。
実際の問題解決には、それを実行できる対策までして1つの問題解決のフローになるだろう。

そして、ここでの問いは当たり前のプレーとは何か?ということになる。
単純に野球のバッティングの動作について考えてみよう。

プレイヤーで野手であるとするとき、スウィングすることが当たり前の動作のプレーとなりチェックすることになる。

当たり前のスウィングとは何か?
ということが確認する点だ。

脇を締めることや、バットのヘッドがグリップよりも上がってしまうことなどプレイヤー自身で考えていることがたくさんあるだろう。

それらを理解した上でどのように確認できるか対策をすることが必要だ。
教える側は伝わり方に注意する必要がありプレイヤーは確認するポイントを理解していくことが必要だ。

さて、乱雑に書いてきたが重要なポイントとなるのは予習することに意識することは何か?という問題だ。
これに加えてその対応策と意識する部分まで考えてみると効果的だ。

今回重要だったのは、「意識すること」ではなく「何を意識するか」という問題だ。
答えではなくこの文章は問いだったということに着目してほしい。

 

以上、答えと問いについて考えたことでした。