読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

選手が練習のマネジメントを理解すること

選手がマネジメントの意味を理解すると聞くと難しいかもしれない。
だが、練習の意図や試合における選手の起用方法などを理解することであれば可能ではないだろうか。

目標があり、それに対してマネジメントしていくことはスポーツで理解がしやすい。
実際の体験を通してマネジメントを学ぶ機会にできるのがスポーツでもある。


全てを教えるというこというのではなく、一部の内容でなぜその選手を起用したのかという根拠と特性を説明するだけでもマネジメント層の話になる。

監督の采配の意図を理解するということは、戦略と自分の能力がどのように関連しているか知ることになる。

会社で考えると、意思決定におけるマネジメントにおいて考慮して、人事含めて実行されたことの内容を知ることに近い。
このことをスポーツで理解すると、監督の戦略による采配が人事の起用と重ねることができる。
意識性の法則で、端的な作業のみだけを理解して作業するよりも、長期的な目標を含めてどのように達成するかを理解することが価値となる。


対戦相手や結果にこだわることが含まれなければ学べないことがかなりある。
また、適度に健康を保つための運動では、得難い体験なのがマネジメントのフィードバックだと考えている。

もちろん勉強でも自分の目標を達成するためのマネジメントと実行について学ぶことは可能だ。
スポーツでのメリットは、チームや自分の行動特性を理解する機会が多いことや、フィードバックについて他者評価が参考になることがある。


ここまで簡単に言えば、スポーツではマネジメントを学ぶことが可能だと述べた。
ただ、重要なのはマネジメントを学ぶことが必要かどうか考えてユーザー体験をデザインする必要があるということだ。
スポーツを通してマネジメントを学ぶことは客観的に考えると理解させることに時間のリソースが必要になることや検証が必要になる。

良いものだと考えて取り入れていっても、全体が肥大化して理解しにくい状態は好ましくないだろう。
日栄養の分析に関する記録をつけることや筋力レベルの調査、マネジメントの座学など、毎週どこかの時間で実行していては練習の質が下がってしまう可能性がある。
また、1日全てをスポーツに使用するプレーヤーばかりではないという問題もある。

安さだけを追求した商品が飽きられてしまうことに似ているかもしれない。
一定以上の水準をクリアした品質の安さであれば問題ないとするのではあれば全体のバランスも重視する必要がありそうだ。
大切なのは決断(どれを選択するするか)とバランスの良さ(アクションした内容の質)かもしれない。

現状で指導者のマネジメントにおけるフィードバックは、試合の勝敗などが主なものでかなり大まかである意味負担になっている。
指導者のマネジメントに関して質の良いフィードバックが今後どこかで必要になりそうだ。