読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャイロボールという変化球。

ジャイロボールと聞いて理解している人は少ないかもしれない。
球漫画でとりあげられたこともあるジャイロボール。
調べてみるとたくさんの動画がある。
今回の題材となるのは野球のピッチングになる。

簡単に説明すると、バックスピンの通常のストレートではなく、
スライダーの回転軸をずらしてまっすぐ進むボールになる。
バックスピンよりは落ちながら独特の回転で進む。

空気抵抗を受けないような螺旋回転でバッターへ進んでいく。
アンダースローピッチャーで投げている投手もいるが、変化球として使用するケースもある。
感覚的に言えば差し込まれるようなものになるジャイロボールは、オーバースローだと扱いが難しい。

また、バックスピンの方が安定することやバックスピン用の投球フォーム継続年数でジャイロボールよりも多いことから採用している選手は少ない。
プロの選手でも見ることは稀だ。
変化球の投げ損ないという形で見ることのあるジャイロボールだが、もともとの腕の使い方では投げていた可能性もある。

指導者によってバックスピンに変更されるために、ジャイロボールを投げる選手は少なくなるという見方をしている。
試合に勝つという場合に、安定性がありナレッジの蓄積されているバックスピン投球の方が指導しやすいというメリットが魅力なのかもしれない。

いずれにしてもジャイロボールのコントロールがつくことによって、ストライクゾーンの9区分だけではなく、タイミングがずれるという前後の出し入れも可能になる。

つまり、ストレートが複数投げれることになる。
ジャイロボールは握り方によっては、回転数と縫い目の関係で遅く感じることも早く感じることもある。

ストレートという言い方をしたが、見方によってはジャイロボールは変化球でもある。
大切なのは、キレのあるボールを投げることや完全なジャイロボールを投げるということよりも打者をどのようにして打ちとるかということになる。
その時、ジャイロボールをストレートとして使用するのか、変化球として使用するのかそれぞれ個人の決断なのだと考える。

 

以上、ジャイロボールについて考えたことでした。