読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

状況判断を最速にすること

考えていてもできないことが多いのがスポーツでもある。
漫画のように1秒以内に様々な思考をしているシーンがあるが、
実際にできている人はどれほどいるだろうか。

本当にできればやってみたいものだが、私にとって野球の打席で考えることで悪影響になるため、基本的に1つのこと意外考えることがなかった。

そのため、練習で修正した内容を試合中に無意識で運動できるようにしていた。
器用な人であれば試合中にプレーを修正していくことができるかもしれないが私自身は、打席の前で考えたことができるほど器用ではなかった。

そのため守備練習から考えたことを利用した。

意識から無意識にすることは守備練習で行われることが多い。
ランナーのケースにおいてどのタイミングであればホームに送球するのかということは、野球経験者であれば、練習のメニューであったのではないだろうか。
繰り返しが多く練習のための練習で意味がないと感じるような練習メニューのことだ。

本当にそうだろうか、このことは現在では何も役立っておらず心の思い出にしている人ばかりなのだろうか。

守備練習のケーストレーニングの目的は、極限まで捕球してから送球するまでの反応を素早く行うことにある。
つまり、ケースのシミュレーショントレーニングをスポーツを使用して行っていたということになる。
送球でのエラーにならない最速での運動を利用することによって、打球への反応から判断まで時間をなるべく少なくする練習をしていたことになる。
カテゴリーは、ランナー位置、点数差、アウトカウント、が大きなものになるだろう。
上級レベルになると、ランナーの走力などが加わってくる。

判断だけに着目すれば社会人での対応についても同じことが言える。
最初は、誰かに判断をお願いすることから、一度経験することによって自らで判断し、そのスピードをあげていく。

スポーツでも類似のことをトレーニングとして行っていたと言っても過言ではない。 私たちは練習からでも学ぶ部分はあった。

状況判断を最速にすることの訓練とも言えることをスポーツでしていたのだ。

そして守備練習からのヒントをバッティングにつなげて修正方法を使用できることもある。

昨今では、無意味な練習を少なくすることは重要かもしれないが、不易の部分まで削る練習もある。
科学の発展によって効果的な練習になることを願いたい。

以上、状況判断を最速にすることについて考えたことでした。