読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

解説者のバントの話。

sports

野球を見ていたら解説者がバントで、ピッチャーから見て指がでないように握るというように習ったが今の選手はそうしていなかったという話があった。

バントの成功率や最近の指導方法が変化したことが考えられる。
私の時にはバットのヘッドをたててバントするということも教えられた。

バットの面積からすると地面と水平になるように構えた方がバットがボールに当たる確率は高くなる。
そう考えるとバットをたてすぎることはバントの成功確率を下げている。

バットが斜めになっている状態でボールへ的確に当てる方が難しいからだ。
だが、バットのヘッドが地面と水平の位置からヘッドが下がってしまった場合成功率は下がっていた。

このことから考えるとバットのヘッドが下がるよりも成功する確率が下がらないようにバットのヘッドをたてていたのかもしれない。

私が野球をしていた頃よりも野球の教え方が変化していることは確かだ。
基本的な教える内容がコンテンツ化して、教える内容は共通事項になっていれば、教え方にばらつきがなくなり、選手のバント成功率が高くなることが考えられる。
教えかたにばらつきがあると選手が混乱してしまい、うまくいっていたものを崩すことにもなりかねない。


だからこそ、基本的なことのナレッジ共有はビジネスでも必要になるのだろう。

話がそれたが、バントの方法は指導者に一任されている。
もっとも私たち自身がこれからどうなることがいいのか選択する部分なのかもしれない。
目標をどこに設定するのかという着地点の決定にこの文章の価値があるだろう。