読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アドバイスの解釈する時の願望

プロ野球選手が述べている感覚の言葉をそのまま自分に適用することが可能だろうか。
感覚から生じた言葉が結果として同じような状態になれば良いがバットがダウンスウィングすぎたりすることの要因になりやすい。
同じような状態というのは、筋力レベルや運動獲得技術など様々な内容が一致していることを示す場合だ。
その状態となるのはかなり至難の技とも言える。

となるとプロの選手の言葉からもらうアドバイスでうまく打てる人は、調整していることになる。
自らが使用している身体に応じて調整し、プロの選手のアドバイスを変化させているということになるのだ。
例えば、アドバイスしたプロの選手がゆっくり振っているバットがダウンスイングで振っていても実際には異なっていることもある。
ピッチャーが投げたボールに対応すると、ゆっくり振っているスウィングと違ったスウィングになっているだろう。

そのため、アドバイスをどのように解釈するかというのはとても重要になってくる。

アドバイスを解釈して自分の運動にした時にどのように変化しているかという確認方法もポイントになる。
アドバイスのようにしているかが重要ではなく、目指したゴールと同じようになっているかという点で確認する必要があるのだ。

求めた結果にどのように紐づくかが明確にイメージされていることを必要とする。


そのため、得たい結果にどの程度現在の自分のプレーが離れているかを考える必要があり、その確認方法に動画やアプリケーションを使用することが望ましいだろう。
確認の時のみにおいて客観的になれることの限界があることを認知しておく必要がある。
なぜ確認の時のみなのかというと限界があると考えて客観的になることと限界がないと考えて客観的なることには差が生じてしまうためだ。

なるべく客観的になっていることが好ましいので普段は限界を意識せず考慮したいということでの理由になる。

 

この考察の前提としては、人からのアドバイスを自分に適用した場合差が存在しているということ。
そしてその差を埋めるための調整を行う必要が出てくることがある。

この前提を理解した上で、アドバイスを解釈する必要があるようだ。
そして、客観的に捉えることができる限界があり、それはITを使用してのカバーすることが手段として好ましいだろう。

これは今はITではなくても起きている事象を理解できれば良いものだ。

しかし、私は現状IT以外の正確な方法を知らない。

私が無知であり発展した新しい方法があることを願いたい。