ボールを打つポイント

ボールを打つポイントが述べている人でズレる不思議が存在する。

野球のバッティングにおいて、ボールを打つポイントがどこか?という話題はプレーヤーであれば聞いたことがあるのではないだろうか。

引きつけ打つことが主流になりつつあるが、結論から言うとどう打ちたいのかで変化する。
スライダーがピッチングのポイントになりつつあるため、ボールをなるべく見て打つことができるものを選んでいる選手が多いようだ。

しかし、なぜボールを打つポイントが各々で異なってしまうのだろうか。
ボールを前で打つということも聞いたことはあるがどこで打つことなのだろうか。

解説で「ボールを前で捉えている」ということが過去に聞いたことのがあるため考えてみた。

ところが前で打つというバッティングは今ではあまり聞くことが少なくなった。

できるだけ前でボールを打つことができれば良いはずだった常識は今は違っている。
仮に本当にボールを前で捉えるのであれば、腕を伸ばしきった力が入りにくい部分で打つことになる。

スロー画像を確認してもらうとわかるのだが、選手の打つポイントは、20年前も、10年前もほぼ変化していない。
youtubeのスロー画像などで検索してもらうとわかるのだが、
落合選手も松井秀喜選手もイチロー選手も打つポイント一定の部分に定まっている。

参考URL
https://www.youtube.com/watch?v=MXxDNEZ2VYM
https://www.youtube.com/watch?v=EtohgogtBSw

となるとこれは人のイメージと感覚から生まれた言葉のズレかもしれない。
伝言ゲームのように後ろでボールを捉えすぎていた人へのアドバイスから広まったのだろうか。
いずれにしても、ボールを捉えて打つ位置は身体から一定している。
ボールをできるだけ前で捉えることは腕を伸ばしきることなく、力が下半身から伝わる角度における腕の位置によるものだった可能性もある。

言葉においてボールの打つ位置をどのようにして捉えるのかで違うのかもしれない。

以上、ボールを打つポイントについて考えたことでした。