読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポーツでの第二リード

野球での第二リードも聞いたことがある人は少ないのではないだろうか。

第一リードはピッチャーがモーションに入る前のリードだ。
ピッチャーの牽制球に戻れる程度のリードをとるのがこの第一リードになる。
ちなみにソフトボールだと使用できない。
第二リードはピッチャーがモーションに入った時のリードになる。
これは、キャッチャーの牽制球があってもアウトにならずベースに戻る程度のリードだ。

 

スポーツではルール上フライングという準備ができれば行っておくことの方が望ましい。
第一リードが大きくとれることの方が生存率が高くなる。
間違ってしまいやすいのが、「大きくとる」こと「大きくとれること」にある。
第一リードは身体能力的に反射や身長などの限度がある。
ピッチャーの牽制球を受けないようにリードを取っていないように見せないことから、その逆で同じ距離でもリードしているように錯覚させることを含めて試行錯誤して、盗塁の成功率を上げることができる。

第二リードをすることは、ピッチャーとの間合いを取り、キャッチャーのボールをとる瞬間にベースへ戻る準備ができている必要がある。
この間合いのとり方はバッティングと同じようにして、タイミングをとる応用になる。
バッティングの応用ということで使用できる第二リードだが、相撲の横の動きでも似た動作を獲得できる。
土俵際のまわりこみに使用することで応用になるだろう。

またリードも腰を下げている選手とそうでもない選手がいる。
その位置がトップスピードになりやすい位置であればいいが、「低くすることが良い」という迷信ではないことを望みたい。

 

自分の目的がなるべく達成可能になるようデザインしていく必要が出てくる。
腰の高さについて言及すると、「低い腰の位置」はピッチャーの牽制球で戻りやすくしたのかもしれない。
だが、低くして動きが遅くなったり、ベースに戻る際に腰の位置が上下してしまっては最善の方法とは言いにくい。
スポーツでの第二リードは、自分の目的がなるべく達成可能になるかデザインすることにある。