バランスを考えることの意味。

スポーツ選手で「バランスが大切だ」という言葉を聞いたことがあるかもしれない。

バランスというのは外見上のバランスのことを言っているのだろうか。
バレーのサーブであればトスだけ注意していても、強いサーブはうつことはできない。
サーブの助走や踏切なども気になる点だろう。
テニスでも早くも強くもあるサーブは打点のみ注意していても難しい。
そのため、全体のバランスを注意して綺麗なサーブの形式になっていることが望ましい。

しかし、注意することはそれだけでいいのだろうか。
バランスを考えているだけで、練習でいつも打っているボールを打つことができるだろうか。

注意するのは細部も重要だ。

いくつかの注意点によって全体のバランスを注意できることが望ましい。
そもそも、注意したい点であればいくつもある。
野球のピッチングフォームであれば、グラブの振りあげ位置から右足と左足の着地点、
利き腕の出す場所の位置。右腕のフォロースルーまで注意点をあげればきりがない。

では、注意点が限られているのだとしたらどのようにバランスを意識するのだろうか。
できることは全体のモーションに影響を与えて注意できる限度の部分でどの程度改善できるのか考慮することになる。
となるとバランスと言っている選手の言葉は見た目はもちろんのこと、いくつかの部分を注意して全体のバランスをとっていることになる。
プロの選手の「バランスが大切だ」という言葉にはもう述べたが1つかくれている部分がある。
それは、動作中に人が注意できる部分は限定されているということだ。

全体のバランスのみを大切にしてしまうと、細かい要素の確認が難しくなる。
人が注意できる点に限りをつけることは望ましくないが、現状でできることを把握すると限定されている。

それを自己で理解して、どのように設定するか考慮の対象にすることが必要になる。

今回は「バランス」をどのように維持するかという点を考慮した。
だが、「バランスを大切に」という言葉でプレーの向上は可能でもある。
そのため、「バランスを大切に」という言葉でプレーの向上ができない選手において考慮することが好ましい注意点になりそうだ。