読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

問題解決について考えない現状

問題を理解することと問題の解決方法を学ぶ機会はある。しかし、問題の解決策の適用について考える機会は少ないというのが現状だ。例えば生活習慣病は問題だとする。そして解決策は、バランスの良い食事をすることだとする。しかし、解決策が使えるかという…

環境に影響される意志。

www.nikkan-gendai.com キューバの社会とアメリカの社会でどのような教育を受けるかという問題もある。グローバル化という意味では、アメリカで教育を受けた方が良いとも考えることができる。これは学習する環境を移動するという意味にもなる。農業をするな…

正しい情報と価値のある情報

タバコやお酒に溺れてしまうことやクレジットカードを使いこんでしまうなど、これらに対して「危険だ」という信号はいくらでもある。公的な組織からは、自分で寿命を短くすることは止めるように警告を促す情報を提供している。それにもかかわらず人は、健康…

思考をデザインすること。

スポーツをする中で学べることは限られている。逆にスポーツで学ぶことを選べるということでもある。これは思考をデザインすることでもある。 スポーツにおいては何かを意識してするかしないかという2つのパタンに分かれる。意識する場合、以下の例で考える…

意識してこそ役立つもの。

以前、スポーツ選手がPDCAサイクルにより技術を向上させているということを述べた。それを無意識にすることと意識的にすることでは、効果が異なる。トレーニング中に目的が意識されていない場合はトレーニングを行うだけになってしまう。これと同じでPDCAサ…

ケースによって使用する限界。

「限界を自分で設定するな」という響きの良い言葉を聞いたことがある人は多いのではないだろうか。この言葉が意味するものは、様々だ。限界を自分で設定することで成長できたにもかかわらず、途中の目的までの部分で終わらせてしまい、成長ができないためと…

恐怖と指導の関係の考察。

恐怖は人の行動を変化させやすい。そのためか恐怖が指導に使用される機会が多かった。それは、人の神経回路が恐怖を避けることに長けており、そのことを利用したものだった。恐怖に敏感な人は、危険なシグナルの問題を最優先に解決しようとする。自分に何か…

トレーニングの変化について。

陸上界や野球、テニスなどいろいろなスポーツでハーフのスポーツ選手が目立っている。今後新しい記録の更新などでさらに日本人選手の活躍の幅が広がるのだろう。 これに対して変化するのは、今までの日本人よりも筋肉の質が変化して、トレーニングの内容や時…

現実のコミュニケーション

スポーツでは、指導者の指示が的確であることが前提だ。作戦の戦略上その指示は勝つものとされるためだ。 最近では、一方的なコミュニケーションは望ましくないが、プレーの向上が一方的なコミュニケーションで成立する場合もある。それでは一方的なコミュニ…

無意識に比較すること

私たちは無意識に比較することがある。意識中にしか比較はできないという人もいるだろう。もちろん70億人もいれば、意識中にしか比較しないという人もいるだろう。ましてや大切な人の命なども比較しているとしたら、人として残念かもしれない。 次の内容につ…

コミュニケーションを減らすという前提。

人は認知的負荷を嫌う。わかりきったことを説明されることを好まないという経験をした人は多いのではないだろうか。自らが理解していることを認知の負荷を利用して再確認することをここでは認知的な負荷としている。 野球であればいちいち素振りが何かという…

ファスト&スロー(上) を読んで考えたこと

気分が人の選択に大きな差をもたらすという文章を見つけた。 参考ファスト&スロー ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) | ダニエル・カーネマン, 村井章子 | 本 | Amazon.co.jp 詳しくは、気分が直感の…

スポーツの選択

スポーツの選択そのものは環境に依存している。文化や影響力のある人に左右されることが小規模のコミュティで多くあることだ。単純にEU諸国とキューバでは、サッカーと野球どちらを選択するだろうか。日々のスポーツの話題やTVなどのコミュニケーションチャ…