時が経てば方法は改善することに対して

高校最速投手が決勝で投げなかったことに関して話題になっています。 full-count.jp 投げたかどうかという内容は、私としては興味がありません。この話題の内容は、どの方法で効率化することが望ましいのかというデータとしてどのような価値があるかという点…

運用するフェーズと採用するフェーズは異なる。

この内容は言われると当たり前ことが含まれています。 バランスは大切だということが述べられていながらも実際は、そのバランスの概念は非常に難しいものでしょう。 徳川家康も、古典の言葉でさえ、述べられています。 www.zkai.co.jp「過ぎたるはなお及ばざ…

完璧な指導者は現在もいるのか

指導者という言葉は、世代によってイメージが異なるのではないでしょうか。 現状の指導者は、情報が多いのである程度学習していなければバッシングをあびるケースもあります。 私が中学の頃に、実力よりも学年によって背番号が与えられていた地域もあったの…

スポーツに対して物理学を利用する尺度

スポーツに物理学を利用する方法はプロスポーツ選手が利用している内容を本で読んだことがあるのではないでしょうか。 物理学をスポーツに応用するとして、それが流体力学からニュートンの運動力学の把握、コリオリ力を理解するために二次元回転座標系のベク…

文化と形容されるものの影響

「文化」という言葉はあります。実際には、自分の意思が最大の優先順位の頂点に君臨しており、「文化」が選択の基準に及ぼす影響など微々たるものだと若い頃は考えていました。 ですが、実際「文化とは」を考えた時影響はかなり大きなものです。 詳細は以下…

新しいトレーニングについての議論の根底あるもの

どんなものにも役立つかどうかという疑問はつきものです。トレーニング方法にも新しい科学的な部分で変化することがあります。 これには文化的な基準と物理的な影響などがあり把握できます。文化的な基準は、野球で言えば投げ込みにおける感覚との再現確率の…

チームにおける統制

チームにおける統制と態度の悪さについて教える側としては、教えるチームの統制を取れた方がいいものです。そのため叱るという方法はとても有効に感じられやすいものです。 しかし、プレーヤーの態度の尺度を正す場合や気分が悪いために怒鳴るなどの強硬手段…

成功率を高めることと目的への注意動作の設計

目的を意識的にもつことは重要という話を聞いたことがあるかもしれません。 進学、就職、業務、社会構成、地域におけるコミュニティ、目的における生産性の高さと意味付けによって自分の生産性を高めることに役立つことは、その言葉の利用頻度のために無意識…

「いずれわかる時期がくる」と無意識

意識と無意識という言葉があります。この言葉は、多く理解されているかもしれません。 現状では科学的に未だ意識は厳密な定義がされいません。ここでは意識を自分の意思によって注意できる範囲として扱うことにします。 意識と無意識を把握していても使うこ…

メリットとなる前提は目的で変化する

仕事にしてもスポーツにしても自分自身が動作していることに関しては、接続する知識とイメージング、目的を達成する時間と達成した内容の精密度が上がります。これは、目的として意識することが何かが明確な場合であって、それがこなすことであれば役立たな…

人口の減少に加えて検証をしたかったスポーツ

人口が少なくなってきているということは誰もが理解していることかもしれません。 しかし、世界の人口は多くなっています。外国人労働者が多くなっていることでそのことを体感することができると形容できるかもしれません。 野球の人口は少なくなり、サッカ…

フライボール革命とスウィング軌道

フライボール革命という内容ですが、以下の記事を参考にしてみてください。 headlines.yahoo.co.jp フライボール革命の記事とフェイクを入れてしまい失礼しました。 今回考慮していただきたい点は、方法論をどのように把握するのかという点です。 フライボー…

工夫するという概念へのアプローチについて

工夫することについて様々な方法があります。メタ認知や教わることと独学について述べた点もこのことに該当します。 sports-doit.hateblo.jp sports-doit.hateblo.jp 自分のプレースタイルができて工夫するという意味合いが把握でしやすいかもしれません。 […

環境を整えることと意識すること

環境を整えることには、多くの人が関心があることだと考えています。 東大へ行くための環境プロ野球選手になるための環境家の仕事継ぐための環境 色々なイメージがあるのではないでしょうか。環境決定因子については様々な考え方があります。 環境決定論など…

常識は、みんな持っているという常識がもたらすもの

教えるときに自分と相手の常識が欠落していると困ったことになるという場面に出くわしたことはないでしょうか。私は共通の常識がない前提でプレイヤーの動きから結果における状況を想定するようになってから苦労することがなくなったことを覚えています。 抽…

ジャイロボールを投げれるようになるまで

結論は回転だけであれば、多くの人が投げれると考えています。「投げれる」を高校野球の試合で使えるようになるまでと考えると練習が必要です。 ジャイロボールは、空気抵抗が他のストレートと比べて少なくそれにより打者のタイミングを狂わすという認識です…

常識と変化の使いどころをジャイロボールから考える

今回は野球の話です。 ジャイロボールというボールをご存知でしょうか。野球をしている人は一度は聞いたことがあるかもしれません。では三振させるためにこのボールを利用することが好ましいのでしょうか。 アニメで取り上げられた内容です。 MAJOR - Wikipe…

「意識する」を「教えなければならなくなった」と「教えれるようになった」

私は、体験とイメージとテキストでしか現状を比較できないと考えています。 多くの人の悩みとして「そこまで教えないといけない」ということはどこでも聞くかもしれません。これは、自身が教えずに学んだことを前提にしているから出てくる言葉ということが考…

そのイメージの裏にある暗黙の知識を探るタイミング

暗黙の知識を探ることのメリットは、いろいろな場面であります。 ゴルフであっても「トップの位置が低い」というアドバイスがあったとします。しかし、トップという基準において低いから高くするという意識は、常に働きます。教えた人がちょうど良い高さにな…

楽しむから考えるスポーツの目的への認識

「目標設定を決めることが必要」このことは多くの指導者が理解していることだと考えています。楽しむことがいいということも1つの目標でもあります。 www.sankei.com www.ritsumei.ac.jp 「楽しむ」概念は記事でも異なります。そして国によっても異なってい…

よい指導者のもとで教わることで得られるもの

スポーツをする時にまず、どこの指導者に教わりたいかを考える選手は多いと考えています。 私自身は、あまり考えていなかったことを覚えています。理論的に考えず努力で変化できる部分を信じ過ぎており遺伝子や環境の影響を軽視していたからかもしれません。…

自分では気がつけない時にどのように気がつくフローを作成するのか。

この内容の前提として、自分の理解できる範囲は限界があるということになります。 今自分自身は、野球選手だとします。向上することに手をぬかず、プレーヤーとしては自分の可能性の限り練習をする行動力の持ち主です。プレーヤーとしては真面目な方で、レギ…

上達したい時に資料を探す方法

スポーツをしていてどんな本を探せばいいのか考えたことはあるでしょうか。 私は中学生の時に10冊前後持っていたことを覚えています。学校で借りた本も含めるとさらにあったかもしれません。 野球の技術を向上させたいためにいろいろな本を読んだことがあり…

理解することを理解するまでのフロー

ここで対象としているプレーヤは中学生から高校生になります。 自分の学習することと自分以外の人の学習することが違うということを理解したのはいつ頃でしょうか。 覚えることには得意不得意があるということは小学生程度から理解していたと考えています。…

「雰囲気作りが大切」を効果的に利用したい場合。

チームの雰囲気が大切だという話は私自身が聞いたことがあり、「あのチームは雰囲気がいい」から勝ったというミーティングになった場面があります。しかし、「具体的に何か?」と聞かれたらどのように答えるでしょうか。 会話ができること。練習でできないこ…

感覚の定義とその範囲

努力などの定義について前回少しだけ触れてみましたが、今回は「感覚」です。私としては、言語的に説明が難しいものについてはあまり良い印象を持ちませんが、スポーツの場合に「感覚」は重要な役割を持ちます。 これは組み合わせにもよりもますが、詳細まで…

感覚の定義とその範囲

努力などの定義について前回少しだけ触れてみましたが、今回は「感覚」です。私としては、言語的に説明が難しいものについてはあまり良い印象を持ちませんが、スポーツの場合に「感覚」は重要な役割を持ちます。 これは組み合わせにもよりもますが、詳細まで…

努力の分解

努力の言葉はどこでも聞きます。私自身、後で気がついて努力だったということが多かった分幸せなのかもしれませんが、努力という言葉について分解することを考えてみました。 多くの人にとって以下のようなイメージかもしれません。 [ある目的のために力を尽…

自分が向上したい時にチームを選ぶ時のポイント

前提の条件として、全国の大会に出場するレベルの実力を手にしたいと考えているとします。 教られる比率と自分で選択できる部分のポイントをどれだけ理解できるかによります。この部分については確率論でしか結局は判断できません。結論として、条件を自分で…

教わることと独学の差

どこまでが独学でどこからが教わったことになるのでしょうか。 学校に行けば独学ではないというのが一般的な見解と考えることができそうですが、部分的には独学することも必要になります。ここでは大学・専門学校以上の学校に行くことについて考えたこととい…