「意識する」を「教えなければならなくなった」と「教えれるようになった」

私は、体験とイメージとテキストでしか現状を比較できないと考えています。

多くの人の悩みとして「そこまで教えないといけない」ということはどこでも聞くかもしれません。
これは、自身が教えずに学んだことを前提にしているから出てくる言葉ということが考えられます。

最近では、研究の成果や興味の高まりから「意識する」ことの重要性は色々な場所で語られます。

その内容をどのように考えるでしょうか。
スポーツで「意識する」という言葉に関しては注意することという意味合いが強いですが、それは細分化して言語化することについてどれだけしているでしょうか。


例えば野球で打つときにボールを意識して見るはどのような動作を示すでしょうか。

手から放たれたボールを見るという言葉を使うかもしれません。
最近では周辺視野を利用していることがわかり、「ボールを投げる肘付近」を注意して見るということも利用されています。

つまり、ボールというモーションの動きをどのように意識するのかという言語化をどこかで必要になるということになります。


「昔は教えなくても良かった」という言葉を聞くことがあるかもしれません。
このケースについては「教えずに学んだことを前提にしている」か「どこかで学習していた」ことになります。
様々なコンテンツがあり、自分で学ぶ機会というのは少なくなっています。
自分で学ぶフローが存在しており、それを実行する過程を獲得させることがどこかで必要かもしれませんが、
それを自分自身で学習することはコストになります。

効率的には、教えるコンテンツを用意してそこから学ぶことの方が考えることが少ない上、計算も少なくてすみます。

では、料理をするケースではガスコンロの使い方を自分で学ぶことはあるでしょうか。
学校や家の人が教えてくれますが、危険なため自分で学ぶこと少なく学習する過程をパッケージ化した方が効率的になるということは多くの人が理解できるのはないでしょうか。


極端な例ですが、「意識する」も同様です。
知識や情報量、危険度などの条件が異なるだけです。

スポーツでも、教えることのパッケージ化は必要ですが、自分自身で工夫して調整するということも必要になります。
そのために、自分自身で学習することについて概念を形成することも必要になります。


「意識する」を教えることができれば、それは他のスポーツからすると理解しやすく差別化になるのかもしれません。
「教えれるようになった」ことは化学的な部分でいえば、発展した結果とも捉えることができます。
昔ながらの指導もメリットはあるかもしれませんが、自分自身が楽しめるまでに簡単に学習できるようなスポーツの方が楽しめるという予想は、大方できるかもしれません。
その場合、スポーツの選択という部分で回答を多く持っている側の方が有利でしょう。

「教えなければならなくなった」は教える側のコストではありますが、それ自体はプレーヤーからしてみればポジティブな部分でもあります。
上達することについては、個人個人で楽しみ方は異なりますが「教えれるようになった」部分をうまく活用して、チームを強くすることを考えれる方が現状を前提とした時に好ましいのかもしれません。

そのイメージの裏にある暗黙の知識を探るタイミング

暗黙の知識を探ることのメリットは、いろいろな場面であります。

ゴルフであっても「トップの位置が低い」というアドバイスがあったとします。
しかし、トップという基準において低いから高くするという意識は、常に働きます。
教えた人がちょうど良い高さになっても高くする意識を持っていた場合に高くなります。

私も小学生の頃にソフトボールをしていて
「肩が上がっていて力が入っている。」
という言葉をもらったことがあります。

しかし、力を抜いてもヒットが増えたことはありませんでした。
このことが解決されたのは中学生になってからになります。
バットの通るスウィングの軌道を改善させることでヒットの数は変化しました。

つまり、
「肩が上がっていて力が入っている。」
の意味は、その伝達者自身が所持しているイメージから伝えたことになります。

そしてそれを本当の意味で理解したのは、22歳になってからです。
大学で身体組成における構造を理解し、心肺機能や体の構造上における適切な肩の位置とトレーナーの知識を把握した大学での知識によって言葉の概念をようやく理解できるタイミングになりました。

私自身、身体の構造上力が入っているように見えるのであって力が入っているかどうかは別だという結論に至りました。
もちろん、緊張によって力が入っているときもありました。
しかし、「肩が上がっていて力が入っている。」については以下を確認する必要があります。
・力が入っている状態とは、筋力などでどのような状態であるのか
・肩が上がっている状態でヒットが打てないかどうか

肩の力を抜き、他の選手と同じような肩の位置にすることでヒットが打てるという解釈をしてしまったことになります。
暗黙としてアドバイに含まれるイメージと知識を自分のイメージのみで解釈していたことが要因です。


前置きが長くなりましたが、暗黙知に対しては自分の目標の優先順位が高ければ高いほど、探るパターンとそれを繰り返す周期を確認して実行することが必要になります。

私の場合、「探るタイミング」については打席に立つ回数を基準とした経験を少なくとも1年は必要としていました。
これは、「肩が上がっていて力が入っている。」を工夫して打てない状態を意識してからです。

「探るタイミング」におけるカテゴリーは、以下を考えて見てください。
・経験
・知識
・改善したケースと内容
・基礎身体能力

「探るタイミング」としましたが、それは自分における体験と知識を組み合わせて定義化することが望ましいという結論になります。
私の経験よりも、プロの選手や有名な指導者の経験を聞きに行き、もし言語化していなければそれを言語化する質問を考えて、聞くなどするといいかもしれません。


基準値の設定について、自分で取り入れる際に注意した方がいいことは、成果と検証について自己で暗黙に設定しているので、それを意識的に利用することが必要になるということになります。
新卒の研修などでも、指示の概念における抽象性をなるべく少なくすることは行われているので、それは社会で働く時にも応用できると考えます。

もちろん全てにおいて、その基準値を定義化して明確にするのはコストなので、明確にすることも部分的に必要な範囲を決断することが必要です。


アドバイスなどでモデルとなるイメージの裏にある暗黙の知識を探るタイミングとは、自分で優先順位を決めた上で、時間を利用して選択していくことになります。

それは理解しているという意見の人は多いかもしれません。
では、以下ついて考えて見てください。

走ることは、足を上げることですが、「足を上げる」とは物理的にどのように上がっているのでしょうか。
これは多くの人が漠然と「足を上げる」ことと把握しており、感覚として上にあげるというイメージを持っていることが多いです。

ですが、よく考えて見てください。
計算上で、50kgのバーベルを持ち上げる人と20kgのバーベルを持ち上げれる人では、同じ足を上げる角度であげた場合に大きな差が生じます。
もちろん、個人の感覚や体重の移動のうまさなどで差があるため一概にはどれがいいのかは言及できませんが早く走るためのベストな「足を上げる位置のイメージ」があると考えられます。


暗黙知については、教える人の都合や感情、時間の限界など様々な要因があります。
定義されている社会は過ごしづらいですが、一分の安心を与えてくれるのもまた事実でもあります。
それすらも暗黙で私たちは、問題を体験するようになりようやくその一部を意識し始めたのかもしれません。

以上、「そのイメージの裏にある暗黙の知識を探るタイミング」についてでした。

楽しむから考えるスポーツの目的への認識

「目標設定を決めることが必要」このことは多くの指導者が理解していることだと考えています。
楽しむことがいいということも1つの目標でもあります。

 

www.sankei.com

 

www.ritsumei.ac.jp

 

「楽しむ」概念は記事でも異なります。
そして国によっても異なっています。

多くの指導者にとっては言葉で伝えているからどのような「楽しむ」のかという点も伝わっていると考えていることかもしれません。

しかし、それは自身が所属している組織によって述べることができる目標と自分自身が所持してる本音が異なります。

表情や仲間の前で言えることそして誰にも話せないケースであったり、対象となる社会によって述べれる目標は暗黙のうちに異なります。

「空気作り」が大切だという内容で語られることが多いのですが、それは個人がそれぞれに意見が言えるような関係性の構築となるような部分を述べているのかもしれません。

 

空気作りと言いますが、以下のカテゴリーについていうことができます。

 

  • チームの練習や行動内容について結果ではなく、所属する団体の価値を基準として言うことができること。
  • 暗黙によって構築された関係性(レギュラーや補欠など)が言論についての壁とならないこと。
  • 学年や年齢によって述べにくい関係性がある組織の前提を無意識にスポーツチームで反映されしまっている場合でも、どこかで意見を述べる場所が存在しており、かつそれが何かしらの形で消費されている。
  • 結果に対して公平な評価基準がよって判断されてることが明示されていること。(チームへの良い印象となる結果を与えてプラシーボ効果の役割として貢献しているなどの説明をする。)

 

 

これらはあくまで例であって教える人の数以上存在すると考えます。

 

 

スポーツの目的に関してどのように関連しているのかについてですが、これはどのように組織の目標に対してコミットするかだと考えています。

チームが県トップまで勝ち進むことを目標にする意思表示をしていても、そのスポーツをしている理由が友人が所属していることだと言えない選手もいます。

「スポーツの目的が何か」を問うことが温暖化やオリンピック、少子化や海外のスポーツの常識と共有化によって知ることができるようになってきました。
ただ、それは情報であってどのようになりたいのかではありません。

一点確認があります。
モデルとなる目的そのものがどれなのかという点こそが曖昧な場合、良いものを選択していくことはできるのでしょうか。

この場合「良いもの」という前提における自分の無意識に所持している望ましいモデルを明確にすることで把握できます。
ただ、目的を定義できていない場合において選択はできても、どこへ向かうのかはわからないケースもあります。
逆に目的は明確であっても、選手の目的意識とずれている設定になっている選択基準では目的地に行くことは難しいかもしれません。

野球とサッカーの人口は、私が子供の時と比較するとサッカーのプレイヤー人口がかなり増えましたが、それはビジョンと教え方などの違いがあったからなのかもしれません。
これは印象論でもし知りたいのであれば調べるた方がいいでしょう。

組織体系を重視した目標設定の内容は、教える方にとってかなり便利ではありますがプレーヤーが達成したい本当の目的を理解することを妨げる確率は高くなります。
もちろん、組織体系への重視はチームとして団結力を高めることや個の力が劣るチームが勝つことには欠かせ無い部分であったりします。

それでも個人や社会の個人へのイメージは変化します。
チャールズダーウィンの進化論であったように変化に対応することが生き残る種とあります。
これはご存知な方も多い有名な言葉かもしれません。

しかし、この内容も人の印象に残るように変化した言葉であったりもします。
進化論という言葉が時の変化に対応するという言葉がそのまま体現しています。

だからこそ、目的を定義した上で必要な部分のみで決めておくことが選択するときに良い印象のものでも取捨選択するために必要なのかもしれません。

 

ここまでは、体罰のような強い運動を変化すべきという社会のニュースになどを強調するものではなく、目的と結果から必要なものを設計することが必要という意味になります。

もし可能なら「楽しむ」こととは何かを定めてみてください。
以下の内容も参考になります。

「とにかく楽しむこと」
為末大が語るスポーツ本来のあり方

dosports.yahoo.co.jp


信念、価値、科学、経験、圧力、スポーツの社会的イメージ、国際化による常識の共有化、
スポーツの目的への認識を左右させてしまうものはたくさんあります。
それを決める指針とはなんでしょうか。

常識は変化する。そしてその変化に対応する。
チャールズダーウィンの言葉を知っている人であれば、違うニュアンスでも把握したことがある言葉ではないでしょうか。
ただ、それを使うには意識する必要があります。
練習中に水を飲むことが選手に良いという情報があってもタブーとされいる状態の継続も言葉を知っていたとしても意識しなかったからかもしれません。

目的も同じで、それをどのように意識するかなのかもしれません。
それを考えるきっかけとなれば幸いです。

 

以上、[楽しむこと]から考えるスポーツの目的への認識について考えたことでした。

 

 

よい指導者のもとで教わることで得られるもの


スポーツをする時にまず、どこの指導者に教わりたいかを考える選手は多いと考えています。

私自身は、あまり考えていなかったことを覚えています。
理論的に考えず努力で変化できる部分を信じ過ぎており遺伝子や環境の影響を軽視していたからかもしれません。

本題について考えてみますが、良い指導者というのはどのような監督やコーチのことを言うのでしょうか。
例をあげて見ます。

  • 指示されたことを行うだけで、個人・チームに目的とする結果を得られる指導ができる
  • 選手のプレーとチームが勝つための最善の選択肢を考えて、将来的にもプラスになるようにアドバイスを与える
  • 過去に結果を出した実績を持ち、それが自分の実力関係なく将来的に好評価を与えてくれる
  • 目標を達成してくれるためのにある程度厳しくも、丁度良い場所で成長してくれるように厳しくもアドバイスができる

 


上記の内容は、あくまで私が考えたイメージでしかありません。
「丁度良い場所で成長」と言う言葉の成長は、どこまでどのような技能の向上を指し示すのでしょうか。
細かく自身で理解していなければ誤った選択になり、上記の例は自分で定義する必要があります。
もちろん、全ての言葉の定義や意味を理解する必要はありません。

今回の結論として、指導者のもとで教わることで得られるものとは、体験やスキルの他に言葉のイメージやそれにおける概念でもあります。
このことにどんな意味があるのでしょうか。
得たい結果と目的があり、それに対して選手に適切な言葉を述べることによって、考える道具を与えてくれることになります。

例えば、野球のバントについて教える時、構えと練習内容を教えて終わる人もいます。
しかし、バットの持ち方や体重の移動で、教える選手のほとんどがバントをできるよう教える指導者もいます。

この場合「よい指導者」は後者にあたりますが、もし前者の指導者の説明としてバントのやり方について資料の調査とプレゼンさせることを目的とした場合、どちらが良い「よい指導者」かは個人的の主観的なイメージへ委ねられることになると考えます。

ここまでのよい指導者における前提で考えた時、教わることで得たいものにプレーヤーが所持する言葉の定義が含まれ、それが今後プレーでコミュニケーションによって解釈するためのデフォルトの情報イメージと言葉の概念ということになります。


もちろん、スポーツの専門種目のスキルを獲得することはできます。
それ以上に重要なのが、言葉のイメージや概念を無意識に把握してしまうという前提で考えておくことが望ましいでしょう。

高校野球が気温の上昇により夏の開催で問題になっていますが、地球温暖化の問題そのものは20年程度前からあったものです。
高校野球は、夏にやならなければならないものではありませんが、それは無意識と言葉の概念のイメージでできているものです。

高校野球を夏に開催する理由とは何でしょうか。
夏の名物だから開催するということも変化させると色々な関係者の対応コストがかかることも理由になるかもしれません。


ただ、次の理由が加わると悩む人も多いかもしれません。
「選手の健康を害する恐れがある。」


私としては、どちらがいいかということを議論することが目的ではなく、無意識に設定された言葉の概念が影響している可能性を理解してもらえれば十分です。


無意識に言葉のイメージや概念の設計が選択や行動に影響するとしていたら、私たちは指導者がチームを導いた結果(全国大会で勝利したなど)よりも指導者を選ぶ基準が他に必要なのかもしれません。

卒業後は関係なく、高校の時をピークに最高の結果を残したいケースと生涯そのスポーツを楽しみたい場合では、試合で消耗される身体などを考慮した指導など、指導者の練習への配慮まで選択の基準とする必要があるかもしれません。


その一部が、無意識によることで設計されているものという認識を持つことで、自分の大切な部分について言葉を定義することへつながるかもしれません。
そこで無意識ないし意識的に定義された言葉の意味が、選択肢の基準となり自分の選択を有意義にしているのかもしれません。

自分では気がつけない時にどのように気がつくフローを作成するのか。

この内容の前提として、自分の理解できる範囲は限界があるということになります。


今自分自身は、野球選手だとします。
向上することに手をぬかず、プレーヤーとしては自分の可能性の限り練習をする行動力の持ち主です。
プレーヤーとしては真面目な方で、レギュラーとしてチームの勝利のために貢献しており、スポーツを教わる他にも自分で勉強する謙虚さを持ち合わせています。

自分の理解できる範囲は限界があると理解しているほどの能力の持ち主です。


最近バッティングの調子が悪く、練習でもストライクゾーンの10球を3球程度しか、バットの芯で捉えることができません。


自分で調子が悪いと自主練習をしました。
何度確認をしても、練習の効果が上がりません。

ビデオで確認してみるとバットの動きに調子が良かった時から変化があるとわかりました。
そこで、自分で修正するカテゴリーを以下のようにまとめてみました。

 

  • 靴の向きを八の字で内股にする。
  • バットの持っている位置を肩より上にする。
  • 肩の鎖骨をピッチャーに見せないようにする。
  • 顎を肩につける

 

カテゴリーの作成については以下を参考にしてみください。

sports-doit.hateblo.jp

 

しかし、練習しても変化がありません。
先輩から帰り際に「少し肩が下がったんじゃね」と言われました。

そこで普段の姿勢を変えてみるため体感と背筋を鍛えてストレッチすること加えてみました。
それで体幹をスウィング時に安定させることができ、スウィングを変化させることができました。
この差はかなり微妙でビデオでもわからないケースが多くあります。
状態の変化についての情報収集内容を変化することなどが必要になるケースでもあります。

しかし、これは「自分の理解できる範囲は限界がある」ことを理解していると考えていることによって姿勢についての検証を把握しきれなかったとも言えます。
モーションでバッティングを安定させる方法について自分で探せる必要があります。

自分自身のことについて再検証する方法を理解している必要があります。
これは以前も述べていますが、これをどのように実行されるのか無意識に修正するフローを設計するということになります。

下半身の筋力の硬さが上半身へ影響しているケースもあり、考慮すべきは体験によって自分の行動を変化することや知識によって変化させることができるかを事実から確率として把握しておくことが必要かもしれません。

説明を受けてから問題を解く頻度と、実際に問題にぶつかって解決方法を探すケースの確率を自身で過去から把握し、行動の設計について把握します。
以下のことについて注意する必要があります。

  • 人から聞いた行動の内容かどうか
  • 事実を実際に見たかどうか(機器を含む)
  • それは自分自身の願望と起きた出来事を分けているかどうか

上記のカテゴリーで修正することもあれば、できない場合もあります。


例えば、「人からバットを内から出す」という修正方法をもらっとします。
この場合、打つ練習をする人と内からバット出す動作をシュミュレーションをする人がいます。
わずかな差ですが、行動の習慣となっていれば実行フローが異なります。

自身が改善しやすい部分で、概念の確認パタンを追加するといいかもしれません。

 

「自分の理解できる範囲は限界がある」という認知は逆に作用してしまうケースもあります。
プレーヤーの真面目さも獲得している要因に不安を払拭したい場合や外部からの問題とされることを避けることから所持している性格であれば、疑う言葉ではなく、安心するための言葉です。

安心する言葉「機能」が異なるため言葉の概念の変化が必要になるでしょう。

人の改善においては、スポーツにおいても社会生活においてもある程度方法は確立されています。
「自分では気がつけない時」は、言葉の意味が違うために、改善方法そのものが効果として別の意味となっているということがあります。


結果と行動において他の人が解決できるとした場合、私達は1度成功した方法の頼ってしまうものです。
「問題が解決できない時(自分では気がつけない時)」は、能力以上の問題と言葉の意味の検証が必要なケースについて分けるといいかもしれません。

上達したい時に資料を探す方法

スポーツをしていてどんな本を探せばいいのか考えたことはあるでしょうか。

私は中学生の時に10冊前後持っていたことを覚えています。
学校で借りた本も含めるとさらにあったかもしれません。

野球の技術を向上させたいためにいろいろな本を読んだことがあります。
最近は、ネット上で検索することができるのでいろいろ探すことができます。


資料を探すことを行動にしてみると以下になります。

----------------------------
→ 問題の提起。
| -------
| 問題の改善点の把握。
| -------
| 改善点で複数の問題について検索する。
| -------
| 参考資料を探す・購入する。
| -------
| 探した内容を実行する。
| -------
|⇦改善されなければ再度最初に戻る。
-----------------------------

漠然と向上したいから、本を購入していたことが書いてありますが、それでは自分が満足するための行動になりやすくなってしまいます。


この時、自分で検索をしたい場合気になった点でいろいろと探してみてください。
例えば、投手でピッチングで投げる時に頭の後ろまで上げる手で手首を一度曲げる選手はどうして曲げているのかという疑問を持ったとします。

[野球][手首][投げ方][ピッチング][動画][本][資料][リリース]...

など様々なキーワードがあります。
それから自分で情報収集して、どの資料がいいか考える必要があります。

考慮したい点としては、文章を述べている人の内容の理解する情報量と自分の情報量を比較します。
比較した上で自分にとってどのカテゴリーで探しているのか把握して、複数情報を集めてパターンを見つけることです。

動画、画像、文章、イラストなどをカテゴリー化できます。
例えば、上のカテゴリーの中で「基本的な投げ方」という言葉の説明されていた場合理解できる差は異なります。

さらに以下のような方法でも違う場合あります。

 

野球 基本 投げ方 - Google 検索

 

野球 ベーシック 投げ方 - Google 検索


テキストで検索順位が決まっている場合があるので、
動画で探す場合や画像、他のSNSなど利用で見つけられる部分が違います。

手首がなぜ曲がっているのかについては、自分で検証してみてください。
力を抜いているからなのか、あえて曲げることで指にボールがかかりやすくなっているからかもしれません。
意識する内容で、手首が曲がっているという方法の効果も違うケースがあるので、自分の身体に利用できるかどうか確認したい場合はしてみてください。
インターネットなどは、自分で動作検証してプレーを確立するという意味でも情報収集に利用してみてください。

 

ポイントとしては、以下を理解していることです。

  • 説明している人と自分が考えている前提は違っていること。
  • 実際のプレーと自分が再現したいプレーのイメージは違うこと。

上記を把握していることが望ましいでしょう。

 

これらは、サッカーやバレー、卓球など他のスポーツでも同じことが言えます。
ITの普及でいろいろと便利になっていますが、技術を向上したい人の動作や筋力など把握して探してくれるわけではありません。
問題の把握と検証などについては、望んだ結果が得られない場合工夫が必要です。

 

それでは、望んだ結果が得られない場合「工夫」とは何でしょうか。
この「工夫」を自分の言葉で問題解決する時にしている行動について改善方法がある部分で上達したい時に資料を探す方法なのかもしれません。

 

以上、上達したい時に資料を探す方法について考えたことでした。

理解することを理解するまでのフロー

ここで対象としているプレーヤは中学生から高校生になります。

自分の学習することと自分以外の人の学習することが違うということを理解したのはいつ頃でしょうか。

覚えることには得意不得意があるということは小学生程度から理解していたと考えています。
ただ、厳密にいつ頃から「学習する」という言葉の意味における差を意識することができたかについては覚えていないのではないでしょうか。

この違いを理解するにはメタ認知することが必要になります。
メタ認知とは以下を参考にしてみてください。

 

www2.nara-edu.ac.jp

 

この学習による差を理解しないことには、学習が不得意のプレーヤーは向上が難しいケースがあります。

プレーを向上するための学習カテゴリーを増やすことがポイントになります。
これは以下を参考にしてみてください。

sports-doit.hateblo.jp

 

言葉の概念が違うため、プレーが向上の妨げになる点は以前から考えていました。
今回のポイントとしては、自分のプレーの向上について理解することを理解するには実際にきっかけになる体験が必要になるということです。

言葉でいくら説明をしても指導者の体験を共有することは映像などで把握することが精一杯です。
実際のプレーを見せることができたとしても、脳内で自分のプレーとして置き換える必要があり、映像の認識といえば差はあまりないでしょう。

指導する側としては、理解するフローを理解するきっかけをつくらなくては、時間が経つにつれてプレーヤーは必敗したことを「最善の努力をした」という認識になるでしょう。
このことが何につながるのかというと、練習の目的から「向上すること」が除外されることにつながります。
プレーするスポーツを変更したり、チーム内で別の役割を見つけることにもつながるかもしれません。


例えば、勉強で理解するというフローを確立しているプレーヤーがいます。
(理解するということは、自分以外の他者へ説明できることを示します。)
学習についての理解は以下が考えられるでしょう。
・理解すること
・記憶すること
・アウトプットとして試験で利用すること

この内容をスポーツでも利用することになるでしょう。
そこから実際に自分の体験をどのようにして変更するのかフローを確立することになります。

スポーツでは実際にプレーするには、自分の体で「イメージしたプレー」を再現するということが加わります。

つまり、教えられた動作を再現することについては、「理解すること」について再構築する必要がありそうです。

行動を改善する際における再設計になるかもしれませんが、これには教える側がアドバイスを変化させる必要があります。
自分が行っている感覚をどのようにフィードバックするかを相手が解釈しやすいようにすることの他に、理論と行動の獲得方法が違っているケースを意識することが必要になります。

簡単な例は、緊張しているプレーヤーに「緊張しているぞ」という掛け声では逆効果になるということです。
自分がどのような場面で緊張するのか理解していてもその実行方法まで考慮する必要があります。
スポーツの具体的な例として、野球において以前バッティングの解釈で以下のようなことがありました。

バットを振るという運動で起動が若干異なるだけで、ボールへ伝えわる運動エネルギーが違うということです。
このことは僅かな意識の違いでしかありません。
バットが動く距離で10cm程度の軌道が違うだけなので、ほとんど気がつかないことが多いのです。
自分では、バッタのグリップとヘッドを逆さのようにしている違和感があっても、他者からするとバットの握りが少し変わったように見える程度でしかないものです。

そのため、練習方法や理解する内容を教えたとしてもそれによってプレーが向上するかどうかは方法の実行案まで確認することが理想です。

野球が専門だった私としては、教える側も言葉の概念の説明とそれをどのように実行できるように設計するかどうかがポイントだったように考えています。

もちろん、認識よってはスポーツの競技で動作の認識から改善が必要なプレーヤーもいます。
本などでメタ認知は必要だと理解されていますが、教える側としてはあまりポイントとして扱いにくい題材です。

自分が所持してる記憶の束でスクリプトや接続しやすい知識などをヒューリスティックスなど言ったりしますが、メタ認知が無意識を把握した上で教えることに利用するにはいくつかフローが存在しています。
今回もその例だと考えます。


そして、その状態がスポーツのプレーの向上でも同じことが言えるのです。

メタ認知とスポーツを教えることをつなげること」は、あまり理解されていなかったかもしれません。
「プレーヤーが所持している[行動を改善する意味]と指導者が教えるプレーの向上に必要な[行動を改善の意味]」も同じでつなげることです。
点と点を線としてつなげるという意味では距離が違うだけでこの2点は同じ意味とも言えます。

 

以上、理解することを理解するまでのフローについて考えたことでした。