「いずれわかる時期がくる」と無意識

意識と無意識という言葉があります。
この言葉は、多く理解されているかもしれません。

現状では科学的に未だ意識は厳密な定義がされいません。
ここでは意識を自分の意思によって注意できる範囲として扱うことにします。

意識と無意識を把握していても使うことができないから無駄ということを考えるかもしれません。
本当にそうなのでしょうか。
私たち自身が、無意識に「無意識を把握することは無駄」という処理をしていることになっているのかもしれません。


糖尿病の人が、糖分を控えるという問題の解決は多くの人が理解していることです。
しかし、無意識にその人が行動ベースに行っている糖分を控えるというプロセスを考慮しなくては、この問題は解決することは難しいでしょう。

 

そもそも、生活習慣病などの病気に解決策が、何かを控えるアドバイスで達成されているのであれば、生活習慣病というような名称で多くの人が知っているはずがないのです。
人の「〇〇を控える」という言葉の内容を細分化して、自分の行動ベースまで落としこむ必要があります。

これは、スポーツにおけるメンタルでも同じこと言えます。
特にスポーツは、運動を意識的な練習によって無意識へと習慣化する目的がほとんどです。
水泳であれば、水をかく腕の動きと入水角度における水への抵抗を減らす運動を意識から無意識へ変更させます。

サッカーでは、どうでしょうか。
ディフェンダーは、中盤からフォワードへのボールへのパスにどのように反応しているでしょうか。
攻撃パターンを把握し、フォーワードの動き出しを目線やパスをする選手のボールを蹴る角度からボールのスピード回転における靴先のわずかな差まで無意識に把握しオフサイドで他のディフェンダーと連携する処理が行われ、フォーワードへボール渡さないようにしています。

無意識も自分の中でパターンとして認識することで、介入することが可能な動作になるケースも存在しています。
私たち自身が無意識をどのように把握しているかは、さらに日常的な部分から考えてみましょう。
リモコンのボタンが押すのではなくスライドさせるような仕組みになっているとどうでしょうか。
ボタンという認識によって行動が処理化されているためにスライドさせるという動作は使いづらい人もいます。

もちろんこれらは、すべて自分が目的する方向へ変更するという意味ではありません。
時間をかけることでしか一度設定された行動を変更することは困難です。
私たち自身が無意識という処理は使えないのではなく、自動的な処理として利用し、さらにそれによって新たな問題へ取り組むための動作なのです。

 

感情も無意識の処理であり、それは子供時から触れた情報の内容という見方ができたりもします。
学校のシステムや大学までの学習内容の選択の幅を考慮した場合、私たち自身が現状の無意識における情報設計と無意識の社会モラルを常識として所持しそれが行動の指針となることが考えられます。

もし、ここで興味がなくなってしまったのあればそれはスポーツや自身の興味から外れて無意識に処理が働らいたことになるのかもしれません。
それは感情として面白くなくなったという判断なのかもしれません。

 

では、感情は遺伝子でそれ自体が設定変更できないものなのでしょうか。
しかし、私たちは知り得た情報でしか判断できないのではないでしょうか。
それは今後理解されることで無意識として向き合うには難しい段階なのかもしれません。
感情と同じようにスポーツも無意識における脳の自動化システムで支えられているのだとしたら、無意識には向き合う価値があるのでしょう。

 

特定の人物における「いずれわかる時期がくる」を理解するための判断基準が科学的根拠なのか、自分における体験ベースなのかという違いであるのであれば、自分が体験したことと無意識について、必要な部分について理解することが必要なのかもしれません。

メリットとなる前提は目的で変化する

仕事にしてもスポーツにしても自分自身が動作していることに関しては、
接続する知識とイメージング、目的を達成する時間と達成した内容の精密度が上がります。
これは、目的として意識することが何かが明確な場合であって、それがこなすことであれば役立たない練習にさえなります。

 

これはものすごく当たり前のことを言っているように見えます。
スポーツを長く継続していれば、専門種目として上達することはある程度予測することができます。
これを抽象化して考慮してみましょう。

仕事として、陶器職人で器を作成することを目標とする高校生がいたとします。
理科の実験おける熱の伝達に関して、陶器を焼くことへつなげるイメージを持ちやすくなるでしょう。
物体における熱の伝達について把握した場合に、どのように陶器を焼く気候と季節で左右されるかを把握して火の温度を調節するのかという処理する確率は高くなります。

現状では、役立たないものを日々の生活に役立てることができはしますが、それは日々をどのように過ごすかで変化するのです。

数学は役に立たないという意見があります。
Σや三角関数微分積分を普段の生活でどこで使うのかということはすごく難しいことです。
しかし、簡単な因数分解などにおいてはスポーツへ思考として利用することができるのです。

野球でバッティングをするとして、処理モデルへ利用します。

数学では因数分解により
AX+BX+CX=X(A+B+C)
という式が成り立ちます。

 

では野球で考えてみます。

例えばバッティングにおいて、練習A(タイミング),練習B(スウィングの強化),練習C(実戦と練習での実行との差異)があります。
それぞれ目的がありますが、バッテイングの基本動作があり成り立ちます。
バッテイングの基本動作をXとしてA・B・Cの目的がくくられます。
練習の説明をする時に、共通の前提を説明することであとは説明を省くことができます。
チームで強化して変えてはならない部分(バントの構えなど)とプレイヤー個人が自由にできる部分でもこの思考レベルの差は存在しています。

 

これまでのことからするとただこなすのであれば役だたないということになります。
漠然と学歴のために勉強をこなすだけの作業を行うという意識をしているのであれば役立たなくなるのは当然かもしれません。

 

もちろん役立たないという部分も必ず存在します。

役立たない主張において感情でそれを役立たないということがストレスの発散で調和が取れるのであれば問題はないと考えます。
(ただし他者に危害が加わるのであれば配慮が必要。)

しかし、それが意識付いて役立たないというものだけを探す習慣になるのことは問題でバランスをとる必要があります。
重要なのは、目的から優先順位と必要性の基準を明確にして判断し、それを実行していくことかもしれません。

スポーツでの処理機能を練習で鍛錬することで形成し、無意識で実行していくことが目的であるならば逆に意識から無意識にする部分を把握しておくことが必要でしょう。
習慣と意識によって自分自身の処理能力が変化していきます。
自身の無意識は思った以上に意識を凌駕する時があります。

努力によって才能を凌駕する物語は、希望を抱くことができ、人の生き方を魅力的にします。
しかしながら現実は、いかに目的のために意識づけすることが重要だと把握していてもこなすだけの練習になりがちです。
それに対して微弱ながら、記録し未来へ託すことがわずかに見えることでも大きな発展と捉えることができます。


もちろん楽しむことが目的であれば、これまでの内容は必要ありません。
どんなことにもデメリットメリットがあるように改善にすらタイミングよってはデメリットになりえます。
一度解決した問題に対して再度考慮することは感情としても難しいでしょう。

意識しすぎでイップスになることもあるので、「意識する」ことにすら使いどころがあるのでしょう。

人口の減少に加えて検証をしたかったスポーツ

人口が少なくなってきているということは誰もが理解していることかもしれません。

しかし、世界の人口は多くなっています。
外国人労働者が多くなっていることでそのことを体感することができると形容できるかもしれません。

野球の人口は少なくなり、サッカーの人口よりも減少しているという見方ができるようです。

g-times.jp

日本の全体の人口が減っている中で考えても野球のプレイヤー人口が減っているということでしょう。
このことで検証をしたかった内容として考えているのが以下です。

  •  道具とプレーの行いやすさの影響
  • 指導スタイルの影響
  • メディアの影響


スポーツの指導が理由であればそれが改善されてプレーヤーが好まれる内容を見出し、そこから改善を促すことが可能です。
日本では、野球が男子で人口が多かったことは感覚的に把握していると考えていますが、どのような状態だったのでしょうか。

 

news.livedoor.com

 

記事にもなっていますので、参考までに確認してみください。
高校野球の競技人口数は、2015年が最高となっているので統計もしくはプレイヤーとしての参加など数値として確認が難しいのかもしれません。

Jリーグの地域参加型スポーツが良かったのか、指導スタイルが野球ほど硬いイメージがなかったことが良かったのかという検証ができないという点は、今後調査する機会がない点で少し残念に感じる部分ではあります。

 

人のスポーツの選択における指標が何にあり、選択基準になっていたのかという点は教える側からすると気になる点だと考えます。
これほど明確に調査することが統計的にできる機会ということが減少する人口とスポーツの人口の移り変わりという点において他の国で確認することは難しいでしょう。

 

スポーツは教育として利用するのは好ましくないという点や、楽しむものという点など意見は多くあります。
「スポーツにおける教育」という点が何に当たるのか、運動と体育とどのように異なるのか、外国のスポーツを「楽しむ」は、体育とは違うのか、議論されるイメージとそれを成り立たせる現場はこれだけで混乱しそうです。

 

どこで休憩を取るのかという点もそうですが、科学などの発展で変化したものがこれまでのスポーツデータの蓄積という点であれば、人の選択したい感情の蓄積もまた然りと言うのは過言なのでしょうか。

それは教える側の目指したい姿と、プレイヤーが望むものがあって成り立つものだと考えるとき、理想を現実へと落としこむ機会となり得るのかもしれません。

フライボール革命とスウィング軌道

フライボール革命という内容ですが、以下の記事を参考にしてみてください。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

フライボール革命の記事とフェイクを入れてしまい失礼しました。

今回考慮していただきたい点は、方法論をどのように把握するのかという点です。

フライボール革命となった理由には何があるでしょうか。
革命というほどののインパクトがあることには、フライを打たないように教えているという前提があります。
アッパースウィングにならないようにと教えられている選手もいるからかもしれません。
ライナーを狙って打てという指導をする方には会ったことがあります。

私自身もダウンスウィングで教わっていましたが、何がレベルスウィングなのかどうかを考えたことがあるでしょうか。

効果的にボールを線で捉えることで、ヒット確率を上げるという話があります。
以下の画像を確認してください。

 

バッティング

上の図が線でとらえることで下の図が点でとらえるということになります。
ダウンスウィングであり、下の画像のほうが良いインパクトを与えるということになりそうですが、そうではありません。


ボールがフライになる理由は、ボールをとらえる場所とボールを振り抜く角度でフライが上がりやすいかどうかが決まります。

 

 

[フライが上がる]→[ダウンスウィング]

という処理をしてしまうケースがありますが、タイミングによってはどれほどダウンスウィングをしていてもポップフライは上がってしまいます。

ダウンスウィングが何かという話になりますが、どうでしょうか。
日本人はダウンで綺麗にスウィングしているというイメージです。
そこでメジャーの本塁打記録者のバリーボンズ選手のスウィングを確認してみましょう。

www.youtube.com

メジャーの選手であればフライを打つイメージが強いかもしれません。
確認していただくとわかりますが、正面だとアッパースウィングのように見えても横から確認するとダウンスイングのようにさえ見えます。

日本人選手であれば福留選手がダウンスウィングのように見えるので参考にしてみましょう。

www.youtube.com

安定のダウンスウィングに見えるのではないでしょうか。
ですが、バリーボンズ選手とどれほど違うでしょうか。
次は、フライボール革命で記事になっている柳田選手で比較してみてください。

www.youtube.com

※記事

www.sponichi.co.jp

少しだけ疑問になったかもしれませんが、スウィングの軌道そのものは体の軸を倒しているだけでほとんど変わりがないように見えます。

 

では、フライボール革命のスウィングとはアッパースウィングなのでしょうか。
内容としては、スウィング時のインパクトにおけるボールの角度、フォロースルーがポイントかもしれません。

アッパースウィングなどというよりもスウィングについての解釈を再構築して、どのように自身の打法に取り入れるかを考慮した方が良いとも考えられます。
体格やスウィングのクセなど考慮してみましょう。

ホームランを打つために必要なバットスウィング速度と球速は物理的に把握されているので、今回のものに関しては、意識するバッティングのパーケージ化とも言えるかもしれません。

理解していただけたかもしれませんが、スウィングの名称の意味合いは人と自分自身の持っているもので異なります。
わかっていることでも、実際に計測して結果にならない場合において周知している知識が、間違っている可能性があります。
それをどのように把握するのかを自分自身で、確立していることが望ましいのだと考えます。

iphoneは発売される前から開発される技術はありましたが、発売時における影響は大きなものでした。
それと同じように所持している知識が古いか最新かはあまり関係がなく、組み合わせて利用しやすいようにパッケージ化することが時に効果的になるケースもあります。

機能が多いから使いやすいかどうか、という点から考えるとそうでないケースがあります。

 

情報が多くなるについて言葉の意味も変えていくことが時に必要なのかもしれません。

 

工夫するという概念へのアプローチについて

工夫することについて様々な方法があります。
メタ認知や教わることと独学について述べた点もこのことに該当します。

 

 

sports-doit.hateblo.jp

 

 

sports-doit.hateblo.jp

 

自分のプレースタイルができて工夫するという意味合いが把握でしやすいかもしれません。

[テニスのプレーにおいてサーブが打てるようになった]という状態の選手がいます。
テニスを始めてから3ヶ月しか経っておらず自分で全力のスピードを重視したサーブがまだできないとします。
この選手に対して、プレーの工夫をメタ認知として確認することを細かく説明しても、把握が難しいかもしれません。

 

サーブを打つ瞬間力が入っているというアドバイスを受けて、以下の動画を確認しました。

例えば、以下のような動画があります。

www.youtube.com

参考にフェデラー選手のプレーも確認してみます。

www.youtube.com

何が重要なのでしょうか。
「力を抜く」という意識を処理として把握して考えてみます。
例えば、対象の選手は、ボールのインパクトの2秒程度前に腕の上腕三頭筋や長掌筋付近の筋力への力を入れて握力で測定するグリップの力を加えたとします。


インパクト時に力を入れる」という言葉の意味でアドバイスにしたかった場合どのように変化することが望ましいでしょうか。
様々なものがあります。

  • - 自身がジャンプするまで、ラケットを強く握らない
  • - 簡単に割れる水風船を利用してスイング時の力を入れる動作をリハーサルさせ、どこで力が入っているのか確認させてポイント覚える。
  • - 握る動作と振り切る動作を分けて考える練習をして、自分の感覚をポイントとしてではなく無意識で使えるまで反復させる。

 

このことで一番のポイントなのは、言葉の認識と実行される動作はどのような練習パッケージを経験しているのかで異なるということです。
これはどのように意識してきたのかでも違います。

テニスを始めてから3ヶ月しか経っていない選手に、工夫についてアドバイスを述べてもどのようなプロセスでどれだけ行うのかということを考えることが難しいことがほとんどです。

教える方は、選手がどのように言葉を把握して、実行して行くのかということを理解することが重要でしょう。

また、このことに関してどのように利用するかも時に明示的に伝えることも重要になることもあります。
これはサーブについてでしたが、リターンする際のステップや姿勢などでの工夫へのアプローチにどのように利用するのかについてもどこで伝え、教えないケースも利用し、時にその現象について説明をさせて再現させてみることも有効です。


では、「そのタイミングはどこで伝えることがいいのか」という問題を知りたい方は多いかもしれません。
これは、選手が体験した練習の内容、運動をイメージから自身で再現するまでフローの個人差があり、人の処理構造を把握しなければ厳密に把握することは難しいものです。

そのため、選手の行動を現象として把握し、工夫という言葉の概念を練習というパッケージの方法パタンとして細分化することで再現性を高めることわずかではありますができると考えます。


私が選手だった頃よりも、スポーツのコンテンツは様々にあります。
雑誌の連続写真などを参考していた頃よりも環境は恵まれたものだと考えます。
結果のあるモデルはある程度存在しているので、それをどのように利用するのかという問題へ変化しつつあります。

運よく私はそのことに気がつくことができたのかもしれませんが、
それが運ではなくなる日もそう遠くなさそうです。

工夫することそのものは平凡で、結果それ自体が大きな功績を残すことはあまりありません。
これを知識として把握していることは、普通のことだと考えるようになります。
人の知識について、自分が体験している文字が並んでいるケースと並んでいないケースでは認識しやすさなどが違います。

この文章がスポーツであった場合と英語における文字への理解処理が国単位で異なりそれが言語形成概念への影響によって違うためコミュニケーションの文化差異を工夫するという場合では、理解しやすさも異なるでのはないでしょうか。

 

もし共感していただけるのであれば、普通という認識はそこで処理を終わらせることがほとんどだからかもしれません。

人の改善行動を処理としての認識し難い部分もありますが、普通という認識の処理の形成かもしれません。

そして、そこに工夫することが価値が存在します。

どれほど、高度な技術が存在したとしても、工夫の概念における再構築を前提にしたとき、いいかどうか別にそのことについて考え続ける必要があるのかもしれません。

 

以上、工夫するという概念へのアプローチについてでした。

環境を整えることと意識すること

環境を整えることには、多くの人が関心があることだと考えています。

東大へ行くための環境
プロ野球選手になるための環境
家の仕事継ぐための環境

色々なイメージがあるのではないでしょうか。
環境決定因子については様々な考え方があります。

環境決定論などはその極論かもしれません。
参考

環境決定論 - Wikipedia

 

というのも言葉の認識と接続のイメージについては、人の行動を決定してしまうほどの影響があります。
人は自分が体験し直近の内容について考慮しやすいということは容易に想像できます。
ただ、それがどれほどの差なのかについて理解していません。
調査するために定義できる内容が少ないことや再現性が難しいことが考えられます。

環境における大きな要因は、意識することの内容だと考えます。
では、「何を意識するのか」ですがこれについては、以下の点です。

 

  • プレーの詳細について言語化していること(明確でなくても部分的に意識できる言葉であること)
  • 自分自身と目指す目標の差
  • モデルとなるプレーについて把握しやすくなる。

 

このことが意味することは、いくらパッケージ化された環境を用意したとして、
対象となる人が記憶への接続因子を所持していなければ、価値は発生しにくくなります。
メタ認知などはその例だと考えます。

sports-doit.hateblo.jp

 

なにが言いたいのかというと、用意した環境に対して結果から改善することができなければ、
環境を用意することが徒労になってしまうということです。

話を少し分解してみます。
例えば、ゴルフをうまくなってほしいとしてスウィング軌道の参考プレーを動画で確認します。

飛距離の出るプロ選手のスウィングをみることができたとして、
どこが違うのか理解できるかどうかは、体験や自身が持つスキルと比較できる必要があります。
フォロースルーを参考することというプレーへの改善策をプランニングしたとします。

ボールをミートする時にポイントとして右に曲がる癖があるのであればそのことを計算して、
どこでどのようにすればいいのか考え、ボールが自分の思い描くような回転と弾道で飛ぶかをコントロールすることを考慮する必要があります。

選手自身が、その練習と修正のプランを自分自身で把握しなればなりません。
そこで必要なのが、明確に言葉で定義することになります。
ボールのインパクト時に手首を押し込むようなイメージを利用することや、ボールを打った後にクラブを離して投げてしまうなどの練習も考えることができるかもしれません。

重要なのは、プレイヤー自身における動作とプランにおける検証をより明確にすることができるかどうかです。
これはわずかな差ではありますが、1年の連続にした場合大きな差になります。

有名大に行くために環境や、プロのスポーツ選手になる練習法などの様々な本やコンテンツがありますが、
それは、同じような環境を整えたとしても「何を意識しているのか」で異なります。

 

 

プロのスポーツ選手になる練習法を利用したとしても

「言われたことをこなすための練習」
「試合のために行う練習」
では違います、はよく言われています。

「結果につなげるために自分で修正しながら利用する練習」を選手自身が理解し、
自分自身でプロセス化し実行するために必要なことが環境に備わっていることがポイントだと考えます。

 

プレイヤーが所属する集団など環境によるモチベーションの変化こそハードルかもしれませんが、
環境に依存しない選択肢を増やすことは可能になりつつあるのかもしれません。
ネットの情報共有システムは、情報過多のデメリットを含めはするもののこれこそ「何を意識しているのか」で変化するものだと考えます。

高い目標の綺麗事呼ばわりは、簡単にできますが目標から現実への落とし込みは必要で、それはどこかで学ぶ必要があります。


希望学という内容でもありますが、小学校で夢を叶える確立は10%未満だそうです。

『希望学』:東京大学社会科学研究所

 

夢が大切、結果よりもプロセスが大切は、歯に浮くような綺麗な言葉で嫌われることもありそうですが、
暗黙の前提で大切だと語られることにも、意味がありそこに言語化する価値があるのかもしれません。

 

以上、環境を整えることと意識することについて考えたことでした。

常識は、みんな持っているという常識がもたらすもの

教えるときに自分と相手の常識が欠落していると困ったことになるという場面に出くわしたことはないでしょうか。
私は共通の常識がない前提でプレイヤーの動きから結果における状況を想定するようになってから苦労することがなくなったことを覚えています。

抽象的なので野球で考えて見ます。
練習方法について自分で改善する方法を持っている場合は、改善点や練習方法を与えるだけで効果のある改善を選手自身が導き出すケースもあります。
練習方法について自分で改善する方法を持っていない場合は、様々な視点について考慮する必要があります。
これは自身でどのように問題点をカテゴリー化するかなので以下参考にしてみてください。

 

sports-doit.hateblo.jp

いくつか例で考慮して見ます。

空腹の人に魚の釣り方を教えることと魚を与えることについてはどちらが望ましいのかという問いがあります。
この場合は前者の方が望ましいと考えること多いかもしれません。

 

 

しかし、魚の釣り方を教えることと魚を与えることにも様々な内容があります。

魚にも種別があって、釣り方を教えても参考にならないようなケースもあります。
船を持っていない人にカツオなどの遠洋系の魚の釣り方を教えても利用できません。
船でポイントまで行かなければそれは魚の釣り方を教えても利用できないこともあります。

このことは物理的な要因であり誰でも周知していることのように見えるかもしれません。
これは、「場所によって釣れる魚が違い、魚によって釣る仕組みが違う」という常識があって成立します。

では、一度言われたことをして練習によって改善したということであれば、そのプレイヤーに練習方法を教えるとどのようになるでしょうか。
練習方法の確認ばかりで自分の練習の概念を確認することは難しいものです。

もう少し具体的にして見ます。

 

 

野球のスウィングにおいてタイミングをとるために効果的だという練習方法があったとします。
しかし、そのスウィングの前提として自分自身のスウィング軌道に問題点があった場合、自分自身のスウィング軌道の問題点も解決しなければなりません。

この場合、スウィング軌道の問題の解決が船を所持していることであって、タイミングをとるための練習が魚の釣り方という見方もできます。

なにが言いたいのかというと、物理的な差も脳内で意識することのポイントも解決策という同じ見方が必要になります。
どんな当たり前のことで、目で見えることの物理要因でわかると理解されていても、その人自身によって問題を解決するフローが確立されていて、処理が一定となってい場合気がつくことが困難になりやすいということだったりします。

知識の蓄積として常識となっていることで気が付きにくいこともその人自身が改善策としてどのようなフローを所持しているのかがポイントとなります。

常識かどうかが問題ではなく、プレイヤーが処理として改善策を確立していない場合それは誰もが理解している物理要因でも知識であり意識的な部分で解決するとしても同じということです。

常識は教えることのコストを削減してはくれますが、解決するフローをブラックボックス化するという見方ができます。


大雑把な例ですが、いまでは猛毒の水銀も秦の始皇帝は薬として飲んでいたので所持している知識と行動における意識の接続のフローは思った以上に重要なのかもしれません。

 

以上、「常識は、みんな持っているという常識がもたらすもの」について考えたことでした。