読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目的が変化する瞬間

スポーツで練習の目的は試合のためだ。

練習が試合のためでない場合を除き、試合のためにすることが重要だ。
だが、練習の内容を考えずにプレーしてしまうケースがある。

野球で例えるならば、守備で腰を低くして待てという内容だ。
監督やコーチで「腰を低くして待て」
と聞いた場面に出会った人がいるのではないだろうか。

腰を低くする目的は打球を取るために低くするのであって、
動きにくくなるレベルまで腰を低く保つ必要はない。
しかし、実際のプレーする場面でかなり、腰を低くしているプレーヤーもいる。

これは指導者に徹底することを言われているからかもしれない。
だが、ちょうど良い打球を捕球する腰の位置がある。
打球を捕球をするために動く場合、捕球する動きやすい腰の位置があるのだ。

ここまでは述べたことがある。
今回はここからなぜ上記のようなことが起きるのか考えてみた。

仮説としては、以下が考えられる。
・捕球できているので問題ないと指導者が判断した。
・指導者も腰がなるべく低い方が捕球できると信じている。
・指導することが面倒だった。

などが考えらる。
プロの選手を見ても腰を自分が直立した膝の位置まで腰を下げている人はめったに見ない。
守備の名手は、動きやすい腰の高さを把握して構えている。

腰を低くしすぎて待つ選手に関して考えると、打球への反応が遅い場合は改善する必要がある。
そして、腰の位置が低い守備の構えになったのは指導者の説明が足りない場合によるものになる。
守備について動作定義すると以下になる。

=========
打球への反応準備
打球への反応
捕球体勢への移動
捕球
送球への体勢への移動
送球
=========

腰の位置の問題は、最初の打球への反応準備の部分になる。
今回は、打球への反応準備だったにもかかわらず、逆に邪魔になる動きしてしまうケースだった。
これは、練習がどのように試合へ活かされるのかという視点が欠如していることから起きているものだ。

さて、ここまでをまとめてみると要因は指導者と選手の2つに大きく分けることができた。
指導者が練習の意図を説明しきれていない場合、
選手が目的意識の欠如によって腰を低くしすぎていた場合の2つだ。
この2つにより試合のために練習する目的が、いつの間にか練習のための練習になっていた。

また、恐怖を指導に使った場合にも練習で叱られないことを目的にしてしまうことがあるので注意が必要になるだろう。
だが、組織をまとめるにはしかることも必要になる。
指導に恐怖を使用せず、うまく叱るバランスが今後の鍵になるだろう。
それが現場で調整する能力が必要となり、指導者の永久の課題とも呼べる。

目的が変化してしまうことも同様に、何かを定義することで完全に解消できるものではなく、
自己で調整するか、他者からコーチされることで見直すことのできる課題なのだろう。

 

以上、目的が変化する瞬間について考えたことでした。

AIにコーチングされる未来。

と言っても簡単な内容だ。
完全にコミュニケーションで感情を理解できるAIというわけではない。
というのも、コーチングが必要になる部分は自分の気がつけない部分で気付かせてくれるものになる。

人は正しい理論だけでは実行することが少ない。
禁煙やダイエットは、文明が発達してなおうまくいかないのを例として十分だろう。
とすれば正論ばかりを述べるアドバイザーは実は必要ではない可能性がある。

まず、相手のことを理解してラポールの形成が必要だ。
そこからコミュニケーションを通じて人は実行する関係を構築することになる。
しかし、「ロボットに感情が動かされるということは納得いかない」という意見もありそうだ。

だが、考えて欲しいのは小さいころ動かないぬいぐるみに感情を委ねるということをしたことがある人はいるだろう。
ロボットなどのように言葉でコミュニケーションをとれるような状態になれば、人は感情をロボットに委ねるケースが発生する可能性は高い。
いや、現状でも感情をロボットに動かされている人はいるだろう。

ある程度人だと認識できるようなコミュニケーションがとれるシステムが開発できれば、部分的に信頼関係が構築され
人はコーチングを受けることもできる。
ただ、部分的だ。
能動的に自らコーチングを求めた場合に効果が発揮されることになる。

それは本でも同じだという意見もあるだろう。
ただ、理解して実行するフェーズが少ないという利点があることから、本とは別に違う意味のものになる。

 

lineのりんなのようなAIも登場していることから考えると
私たちが求めさえすれば、AIにコーチングされる現実はすぐそこなのかもしれない。

感情のリソース。

成功するイメージと成功体験のイメージの違いについて考えたことはあるだろうか。
完結に述べると実際に体験したかどうかの違いしかない。
そして、成功をイメージすることの重要性はかなり理解されるようになってきたものの、
利用されるには少し壁がある。

今回は、実際に体験したことのないパフォーマンスをイメージすることの大切さについて考えてみた。
成功した体験を再現する時に多くの人は過去の成功体験のイメージを連想することが多いだろう。

実際に脳内で再現されるイメージは成功するイメージとあまり変化がないように考えられる。
練習でしたことの場所が試合をする場所へ変化しただけだからだ。

そう考えると、試合前にイメージすることは思った以上に役割が発生することになる。
これはパフォーマンスではどのことにでも当てはまるだろう。
パフォーマンスが成功するイメージを所持している場合としていない場合だと成功率が異なるのは、
人が成功体験を再現する場合に過去の成功したイメージを使用することが多いためだろう。

ただ、これはあくまで仮説の話であって個人差がある。
必要以上にイメージをすることでプレッシャーになるケースもあるので、パフォーマンス前に成功するイメージを使用することが100%良いというわけではない。

成功するイメージは成功体験のイメージと差はどれほどあるのかという問いを考えてみた。
もちろん成功するイメージにはプラシーボ効果も含まれることもある。
結局は、自分が思いこむことによって成功率が上がることであって、実力のある人の方が効果を発揮しやすい。

しかし、どんな人も最初は成功するイメージを使用するか(もしくは練習のイメージ)無心の状態でパフォーマンスをしたはずだ。
だからこそ考えるべきは、強者は能力があったから成功したということではなく、
成功するために使えるものはたとえプラシーボ効果が加わっていても使用することにある。

できないことの連続によって自信を失い人に会うことを避けるようになってしまったケースの人もいるだろう。
私もその1人だ。
もちろん、世界は成功するイメージで変化するなどという宗教じみたことなど言うことはしない。

大切なのは目的を達成したいのであればあらゆる手段を使って挑戦するしかないということだ。
挑戦する規模は個人個人で異なるが誰であっても何かに挑戦する必要がある。
重要なのは変化することが毎日の小さな連続したものの延長線上にあるということだ。
例えそれが簡単なことでも毎日の連続上にあれば難しくなる。

腕時計を今つけているものの逆につけることは多くの人にとって簡単な出来事だ。
しかし、これが毎日朝出かける前になると急に難易度は上がる。
子供のいる家庭では毎日の朝は秒単位で忙しく、一人暮らしの人では数分間の寝たいという誘惑によって朝の時間は左右される。
その中で自分の習慣を変化させるため、通常なら簡単な腕時計の位置を変えるということも難しい出来事になる。

さて、これは腕時計の話だが、自分の内面の部分でも同じことだ。
今までにない変化をしたい場合には、急に大きな変化をすることは難しい。
だがそれが毎日の小さな変化の連続によるものだとしたらどうだろうか。
重要なのは自分の意思と論理的な分析、そして隠し味に少しの情熱だ。
根性論みたいなイメージで情熱が嫌いなら、憧れやロマンでもいいかもしれない。
マガジンに出てくる登場人物のような熱血なスポーツマンの情熱でなくてももちろん大丈夫だ。
ただ、気持ちの強さのレベルについては自分がどのように変化したいかによるだろう。

成功するイメージも成功体験のイメージも違いはわずかだ。
大切なのは、目的を達成するためにどのようにイメージを使わなければならないかを理解していることにある。

大きな目的を達成するために、大人になることが重要だという意見から感謝することが良いということまで様々だ。
だが、人は急に変化することは難しい。
演じていた役を急にやめてしまうとなれば話は別だ。
しかし、私たちは思った以上に小さな変化しか手にできない場合が多い。
だからこそ自己啓発本が店舗数の減っている書店に並んでいるのだろう。
未来の大きな変化も今日の小さな変化の連続でしかないのもしれない。
成功するイメージは自分が変化する材料の一部でもある。

今回の内容は失敗と成功を繰り返して成長している人にはあまり関係がないかもしれない。
どちらかといえば私のような失敗の連続を体験した人向けだろう。
自分の中の変化を言語化して理解したことは、踏み出す一歩目において個人でレベルの差があるということだ。
もちろん時には誰かが一緒に手をとり、やや強引にでも新しい体験をする手助けをすることも重要だ。
しかし、時にはその人自身が気がつくまで待たなくてはならないケースもある。

人によっては甘いことを書いてるこの文もある人にとってはハードルの高いことでもある。
物事がわかることによって複雑化している現在は、幸か不幸かわからない。
わかっていることは変化していく社会と同様に私たちも変化して対応する必要があるということだけだろう。

よくあるこたえは自分の中にあるというつもりはないし、その言葉は私が使っても何の力もない。
情熱などの動機付けとなるものは、
この文を読んでいる人自身の内に今この瞬間もあるからだ。
そう考えると、挑戦する人と慎重になる人の差はこの部分にあって
挑戦を好む人はこの部分に感情のリソースを多く使っているのかもしれない。

変化の個人差。

変化するには個人個人に差がある。
当たり前のことだが、
同じことを言っても変化できる人とできない人が存在する。

変化を好む気質の人は、段階を踏まずに変化することが可能だ。
ところが慎重な人は、変化することに段階を踏んで条件を満たして変化してもらうことが重要だったりする。

「変化することはいいことだ」という言葉では変化することができない場合が強い。
「変化しなければ大きなリスクになる」でも難しい。
「現状の悪い状態を変えるには変わるしかない」という状況で変化するがもう場面が遅い場合がある。

既に何かしらの自信を所持している人にとっては変化することが苦にならない人もいる。
この場合は過去の体験で変化することがフロー化している場合が強い。

しかし、多くの人が変化ばかりを好むということは少ない。
それは、現状維持バイアスが存在していることを考えると普通なのかもしれない。
ということは、人の状態によって変化していく内容も選ぶ必要がある。

これを理解して使う場面は説得的コミュニケーションにおけるものだろう。
対象となる人物の態度を変化させたい場合に態度が変化するレベルについて考えることが好ましいだろう。
変化に対してどの程度の許容範囲を所持しているか見極める必要がある。


以前、変化することがいいことだと知ることと実行するまでには大きな差があることを述べてきた。
だが、この差は個人によって異なることもあり、これまで慎重に述べてきた。

良いものであれば人は変化を手にするのかという点において難しい質問だ。
言葉の内容や発言者のポジション、声の質などいろいろな部分から人は信頼できるかどうか変化を判断している。
言葉の内容だけで判断しているのではないということは無意識の部分でもあるので把握している人は実は少ない。

そのためなのか、
新卒一括採用は好ましくないと言われつつも、未だに根強く残っている。
また、お酒の飲み過ぎが体に悪いと知っていても、
医師から警告があるまで飲みすぎる人もいる。

変化することの難しさは、採用するものと採用される側によってその難易度が変化してくる。
スポーツにおける種目の採用レベルにおいても同じで何を採用するかということは個人がスポーツをどのように見るかで選択が異なる。
採用のカテゴリーの最大の要因としては、自分をどのように見せることができるかだろう。

指導者、地域の環境、友人、両親、学校の協力体制、メディアへの取り上げられ方、これらの影響要因が関連してくる。
要因内容は個人のメンタル面や環境によって変化する。

対象となるスポーツを自分ならばできそうだと考えているプレーヤーがそのスポーツを採用することは難易度が低い。
しかし、これまでできないことの連続を体験してきたプレーヤーが対象となるスポーツを採用することは難しい。
だからこそ運動のコツや教え方がわかりやすい動画で、指導における差が少なくなる変化が起きることを私は望んでいる。

それは努力や成果といったものがスポーツをする場で定義化される必要があるものの、かなり難しい側面を持つ。
努力がただの評価項目になってしまっては、認めらる場面がなくなり生きるモチベーションを維持しにくくなる。
これはバランスが重要で新しく研究などでわかることによって、進展するだろう。
常に自分に問い続けているが、変化し続ける問いもある。
ゴールの先はスタートラインかもしれないが、努力の評価基準の採用は問い続けることがある種の応えかもしれない。

就職時に役立てるもの。

多くの人にとって学んだことを就職時に役立てたいという気持ちは強いだろう。
重要なのは、自分の作業で何を意識するかによるということは多くの人はわかっている。

では次について考えてみよう。
新卒の就職活動で話しを聞いたことがあるのが、どのビジョンを描きながら作業をするかでモチベーションも異なるというものだった。
橋を建設している3人がいて、次のことを考えている人がいたとする。
1人目は、親方の指示通りの作業をしていると答える。
2人目は、橋を造っていると答える。
3人目は、街で暮らす人々の生活を支える橋を造っていると答える。

このように何を意識するかで、人は異なる。
だからビジョンは大切だという意見もわかる。

さて、次は漫画や映画を作っている場合で考えれることだ。
料理を作る場面が作りたいとする。

料理の品を用意する場面をAとする。
次に料理名a、b、c、を準備する。
もちろん全部の料理を用意する場面を使っても問題ない。
つまり、最低でもコマ数は6コマ必要になる。
(A場面+a場面)+(A場面+b場面)+(A場面+c場面)

ところがコマ数が足りないということになった。
そこで最低限のコマ数を減らした。
そして4コマする。
A場面(a場面+b場面+c場面)

どういうことかというと、最初に料理している主人公のA場面を用意して、
残りの3コマは料理a、b、cを用意することになる。
それで、3つの料理は主人公が作ったものだとイメージしてもらえるだろう。
最初のA場面で「3品を作る」などの文言を入れるだけでも効果的だ。

こうやって認識部分を変化して数学を利用したというアピールになる。
次にどこで役立てるかという点で資料作成でも同じように体系化して応用するなど
返答すればいいだろう。
コマ数を短縮した内容を応用すれば取引先に理解させたい資料を作成するときに余分な説明と制作時間を省くことができる。

もちろん働いていた場所によって変化するが、何を学ぶかは意識する内容で変化する。
例えば、居酒屋でバイトをしていて作業の短縮化させたいと考えた。
そこでサワーを作る場面で3つ以上サワー系の飲み物を注文された場合、
炭酸水を入れる作業のみ一括で行うとスピードが上がることに気がついた。
式にした場合は、以下だ。

炭酸水を入れる作業(a酒をAグラスに+b酒をBグラスに+c酒をCグラスに)

作業の短縮で成果になったことをもちろんアピールしていいが、
それだけでは他の人と変わりがないだろう。
細かいが自分の作業を抽象化して、他の部分へ応用することが求められる。
それは何を意識するかで変化するだろう。

ビジョンの話は、自分が作業のモチベーションを維持させることに役立ち、
作業の効率化について言えば、他の問題にも応用力を使用することができるのではないかという期待値になる。
重要なのは、抽象化した内容をどうやって具体化していくかだ。

これは目標の設定にも同じことが言える。
自分が立てた目標をどれだけ自分の現実の行動に落とし込むことができるかが重要になる。
マクロ的な視点とミクロ的な視点両方が必要になる。
この内容はまたどこかで。

これまでの経験を就職や転職に役立てたいという人は多くいるだろう。
それは、今この瞬間何を意識しているかで決まってくる。
最初の話に戻るが、何を意識して橋を造っていても設計通りであれば問題なく困ることはないだろう。
となれば、最終的には何を意識するのかという個人の決断になってくる。
多くの人がわかっている通り、日々の小さな決断の連続がその人自身の未来を形成していく。
そのことは詳しく話すまでもないだろう。

今回は、中学レベルの因数分解をどのように役立てるかということを題材にしてみた。
もちろん作業の効率化などで考えた場合、日本の自動車工場などを見学に行った方が参考になるだろう。
今回理解してもらいたいのは、過ごす時間が同じ場合何を意識するかで自分が体験したことは変化させることができるというものだ。

自分の体験は自分である程度デザインすることで効果も異なるということだ。
一度働いてから大学で学ぶことの方が学習目的において明確になり行動が具体化する。
これは、自分の過去の体験イメージをうまく利用したケースだろう。
うまく自分の体験をデザインしているとも言える。

これは、答えではなく問いになる。
何かを意識することで就職時に役立つことは前から理解していた人は多い。
意識することはセルフブランディングすることの手段でしかない。
そしてここまでの文章は、自分が何を意識して行動するかという問いなのだ。

自分の役割

スポーツをする価値は自分が活躍してチームが勝つことだ。
これは当たり前のことかもしれない。
だが、活躍できないからスポーツをすることは意味がないと考える人が多い。
というのも自分が活躍せず、自分の役割に尽力することでチームが勝つことでも評価はされる部分もある。

会社で働く時に必要なのはチームで結果を出すことであって自分が活躍することは絶対ではない。
だからこそ自分の強みが何かを考えてそこから利益につながることを実践していくことが有効になる。
それはスポーツも同じでチームが勝つという目標に沿って行動していくことで評価される部分がある。
だからこそ、自分の役割を見極めてチームの勝利につながることが望ましい。
それが就職活動に有利な自己アピールにもなる。

という話は良く聞く。
今回はここから先に着目したい。

実際の話スポーツで自分が活躍しないで、勝つことをあまり良い感情を抱くことができない場合が多い。
むしろその感情をどのように処理するのかという問題の方が重要かもしれない。

ある時気がつく、自分は何をやっても追いつけないプレーヤーがいるのではないかと。
それは色々と見直しても同じことだったりする。
自分の身体能力、ポジション、練習の質、考え方を考慮しても追いつけはしないだろうと考えてしまう。
かと言って楽しめばいいというのは、これまで一生懸命プレーしてきた自分にやるせなさを感じてしまう部分がある。
という完全な勝手な想像だが感情的に向き合うことが難しいこともある。

重要なのはインセンティブと目的のあり方になる。
就職に有利だからとスポーツをすることは、1つの目標になりうる。
しかし、それは何を意識するのかという点で考えて練習をしなければならない。
努力の方向性において通常の勝つことを目標にしている人よりも考える必要がある。
間接的にチームの役に立つことを目標にできるかどうかが最大のハードルだろう。

もちろんスポーツであったらやめるという選択肢もある。
だが、会社などの仕事の場でやめるというのは簡単に決断することが難しい。
そのため自分で仕事の場におけるポジショニングができるようにしておくのだ。
スポーツの場でチームの利益になる行動をできる人は仕事でも必要とされる人になる確率が上がるというわけだ。

スポーツで自分の限界と向き合う場面は、多くの人にとって訪れる場面でもある。
もし、自分が望んだまっすぐのストレートで三振をとれなかったとしても、
打者の苦手なコースを分析してアウトに貢献することが重要だ。
それが牽制でも、ホームでのクロスプレイでもアウトはアウトだ。
これまでスポーツをしてきたことを無駄にしたいためにやめる前に一度考えてみてはどうだろうか。

試される現実。

ビジネスの場において優秀な人ほど権威を振りかざせばやめてしまうようになった。

スポーツは少し遅れてはいるものの、厳しさだけを手段とする指導者の元には良い選手が集まらなくなりつつある。
これは多くの人にとって理想的な展開だろう。
理論的に分かりやすく導いて成果を出せる人ほど、選手が集まってくるようになっている。
もちろん継続するきつい練習が必要となる部分もある。
ただ、理想的な展開は評判や体罰などがメディアに何らかの形で露出した場合だけになっている。

体罰が手段として使えなくなったことは、好ましいことだろう。
使えなくなったことによって、緊張感が保てない指導者にとっては悩む側面もある。
選手が危機感を持たずに練習するようになったということは、指導者の技量のなさとも言える。

指導のあり方は明らかに変化しつつあるにもかかわらず、
過去のやり方に頼ってしまうことはよくないと誰もが理解している。
そして、私たちは今試されている状態なのだろう。
これまでの手段から、蓄積された指導方法を模索し採用していくフェーズにある。

となるとリソースが足りなくなる可能性がある。
これまでの手段を評価していくことはそれだけ時間がかかる。
保護者の対応や書類などの処理などが増えてしまってはそれだけ教育の質は落ちていくことになるだろう。
過去の教育は保護者からクレームがなく、好きなようにできた指導者からするとよかったのかもしれない。

本当にそうだろうか。
過去と違って現状は様々なものがわかりつつある。
その手段を利用してさらに良い学習プログラムを開発することは好ましくないのだろうか。

私は過去を利用することには問題がないと考えている。
だが、過去を懐かしむだけでは問題だ。
具体的な指標を所持し、過去の状態を数値化して現状と比較することが重要だ。
間違っても「よかった過去」という事実と解釈が混ざってしまうことはあってはならない。

しかし、これは改善することが前提だ。
過去を懐かしむことで楽しむという目的があるのならば、思う存分に過去を利用した方がいいだろう。

今、正論の中に体罰という文字はない。
そのため人に何かを教えることは苦労するのかもしれない。
それは進展であり、コミュニケーションの発展と言っても過言ではない。
社会も同じでブラック企業の研修が疑問視されるのは、新しいフェーズへと変化しつつあるからだろうか。
進展するという言葉から私たちは今いろんな意味で試されているのだろう。